MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

メーターインフォメーション

time 2015/05/06

メーターインフォメーション

本日はメーターのインフォメーションについて。
先日、いすづのエルフの整備をしました。それは、水抜き警告灯が点灯してしまったというもの。
ディーゼルは燃料ラインとエアクリーナーが命になってくるので、燃料ラインに水が入ってはいけない。
なので、ガソリンエンジンよりも燃料フィルターの交換には気を使わないといけないんですよ。
でもって、エルフですが走行が30020kmでした。燃料警告灯点灯ということで、燃料フィルターを交換しましたが、実はそれだけでは警告灯は消えません。
この車両は3万キロ走行時に燃料の水抜き警告灯を点灯して、そろそろ燃料フィルターを掃除や交換してくださいよとオーナーに促すシステムになっているのです。
なので、リセットをしてやらないといけないんですよ。

meter-info

このようにメーターインフォメーションということについて、他に上げてみるとタイミングベルト交換警告灯もその一つ。トヨタのハイエースなどに搭載されていて10万キロを超えると点灯します。タイミングベルトを交換してもメーターの警告灯は消えない。
これもリセットの方法があるんですよ。それはメーターを外して、メーターの裏についているリセット用のネジを外して付け替えるだけ。
その他にメーターインフォメーションで上げると、VW関連がそうですね。ある程度の距離を走ってくると、サービスナウ!といった表示がメーターに現れます。これはこれでイグニッションキーをオンにするたびに点灯して目障りなんですが、これは整備を受けてくださいというインフォメーションなんですが、昔の形式のものは手動でリセットができたんですが、最近は専用のテスターがないと駄目。
このように、メーターから発せられるインフォメーションというのはなかなか重要なものがあります。
はて?この警告灯はなんだったっけ?と思ったらとりあえず取扱説明書を読んでみることをお勧めします。
こういう時じゃないと説明書なんか読まないでしょう?
というわけで、メーターインフォメーションについてでした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ