ミニキャブ U62 アクセルワイヤー固着点検 改善対策作業NO,443

三菱 ミニキャブ
U62V

アクセルワイヤーの改善対策を行いました

この改善対策作業NO,443は、アクセルワイヤーの状態を点検するものです。

このU62系統はフロントバンパーとフレームの隙間に近いところにアクセルワイヤーが
通してあり、フロントバンパーをちょっとぶつけたりしているとアクセルワイヤーが潰されていることがあるのです。


まずはアクセルペダルを操作してみる。この時点で渋い場合はすでにヤバイ。


続いて右のフロントタイヤを外します


そして、フロントバンパー側のフェンダーライナーを少しめくります。
クリップを3,4個外せばめくれます


するとこの状態。

アクセルワイヤーが見えます


フロントバンパーをぶつけている車は、ここにワイヤーが挟まってしまっていることがあるのです。

この車は無事だったので、作業を続けます。


三菱から支給されたこのスポンジを取り付ける


ハサミで切込をいれて、その中に支給された接着剤を入れる


取り付ける


更にビニールテープで巻き巻きします


これでOK


あとは元に戻して、アクセルペダルの上部に白または黄色のマーキングをして終わり。

整備記録簿に記録をする

以上です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)