ミニキャブ セルモーターの回りが重い 割れたセルモーター

三菱のミニキャブです。
エンジンがかからないということで連絡を受けていってきました。
症状はバッテリー上がりのような感じでした。
キーを回してセルモーターを回そうとすると

c-log1249-01

きゅる・・・・・・・きゅる・・・きゅる・・きゅる・・

と、こんな感じでセルモーターが異様に重たい。
バッテリーがないのかと思って、ブースターでつないでみたけれど変わらない。

セルモーター自体かそれまでの配線かに問題があると見てあずかりました。
エンジンがかかってしまえば異常はなし。

試しにもう一度セルを回してみたけどやっぱり重たい。
念のためオイルを確認したらきちんと規定量はいっている。

c-log1249-02
工場について、セルモーターを外してみたらビックリ仰天

c-log1249-03
なんと割れているセルモーター。

その先っぽはフライホイールの間に挟まっていた。

c-log1249-04
こんなもの初めて見ましたね

c-log1249-05
おそらくセルモーター自体がやはり焼きつき気味で無理をおして回していたら
ケースが割れちゃったんじゃないかという結論に達しました

c-log1249-06
念のためフライホイールも入念に確認したけれど大丈夫そうなので

中古のセルモーターに交換して終了しました。

割れたセルモーターでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする