MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ミニキャブ U42 フロントハブベアリング交換

time 2015/02/16

ミニキャブ U42 フロントハブベアリング交換

最近みょーに多いハブベアリングの交換。
ガタがでてきているので交換しないと駄目。
ブレーキが最近鳴くなぁなんて人は一度チェックしてみてください。
ジャッキでフロントを持上げて、タイヤを上下にさすってみて
がたがたするようならベアリングが怪しいよ。

minicab-u42-hub-b1
というわけで、本日はフロントハブベアリングを交換
いってみましょう。

ハブのベアリングを交換する際、絶対に必要になるのがプレス。
ハブとベアリングは圧入されているから
はめるときにプレスがないときつい。

今回作業したのは三菱のミニキャブという軽トラックです。
U42型ですが、これは特にプレスをつかわないでもいけたんだよね。

なので今回レポートします。

まずはナックル単体にするため、
タイロットとロワアーム、ストラットと切り離します。

当然ドライブシャフトも抜くのです。
ドライブシャフトが抜けたら、ハブをぬくんですが、
スライディングハンマーでがんがんとやってハブを引っこ抜いた状態が下

minicab-u42-hub-b2
ハブをぬいたナックル

ハブのベアリングはオイルシールに挟まれて中に入っています。
ベアリングは2つ使っているものもあれば、1つしか使っていない車もあります。
このミニキャブは、ベアリングは片側2つつかっています。

ベアリングはインナー、アウター共に同じもの。
オイルシールもインナーアウター同じものでした。

まずは上の写真のように、オイルシールをこじって取ります。

まぁそんなご丁寧にやらなくても、裏側からベアリングを外側に向かって
ドライバーをあてがってハンマーでガンガンやると
オイルシールとベアリングが一緒に外れてきます。

minicab-u42-hub-b3
ベアリングとオイルシールが抜けたら、図のようにベアリングのインナーレースだけが
ナックルの中にのこっています。
このインナーレースも取り外してやらないといけません。

同様に

minicab-u42-hub-b4
インナーレースを外側に向かってドライバーをあてがってハンマーでがんがん
ぶったたくと抜けます。

minicab-u42-hub-b5
インナーレースもぶったたいて外した図。これでナックルの中は何も入っていません。
図のように段差があります。ここまでベアリングを2つ打ち込んでやるわけです。

minicab-u42-hub-b6
新しいインナーレースをせっとして、慎重に打ち込んでいきます。

minicab-u42-hub-b7
傷つけないようにね。

インナーレースが2つともはまったら、ベアリングを入れて
オイルシールを打ち込みます。

minicab-u42-hub-b8
新品のベアリングにベアリンググリスを入れて
セット

minicab-u42-hub-b9
そして新しいオイルシールを打ち込んで終了

minicab-u42-hub-b10
平均になるように傷つけないで打ち込んでね。

minicab-u42-hub-b11
これで完成。あとはつけるだけ

圧入されていたハブはドライブシャフトにセットして、ドライブシャフトのネジを
締め込んでやれば自然に入りますよ。

これは手荒な方法ですが、簡単でした。
専用のプーラーが必要な場合やプレスが必要な車ももちろんあるので
参考までに

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ