ミラジーノのアイドリング調整

ミラジーノです。
アイドリングが低いので何とかしてくれという依頼。

このミラジーノは当然インジェクションで、アイドリングはISCが制御しています


根本的にはISCを交換しないといけないんですが、応急処置で若干回転をあげることが可能です


ISCはこの位置についています。とりあえずエアクリーナーBOXなどを外してください


ISCのネジ2本を外します


ちなみにネジはこのような特殊なネジ。トルクスではなくて、五角形みたいなネジです。

とりあえずマイナスドライバーを打ち込んで刻みを入れて回して外します


オイルが回っている。まずは清掃。


こちらも清掃。

もう少しです


そしてよく見ると取付部分が楕円になっています。
つまり、取り付けを偏心させて組み付けることができる。

このISCは磁石みたいなものでステッパーモーターを動かして、先ほどの鉄心を
くるくる動かして、スロットルの通路をあけたり閉じたりしていると考えられます。

つまりISCを偏心して取り付けることによって、スタート地点を変えられる、ということ。

そのスタート地点こそがアイドリングの若干回転を持ち上げられる部分なのです


最初はこんな感じでしたが


このようにISCを偏心してとりつける。

これで若干アイドリングがあげられます

ミラジーノのアイドリング調整でした

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)