MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ミラ L260S アクスルシャフトオイルシール交換

time 2016/10/12

ミラ L260S アクスルシャフトオイルシール交換

L260Sのミラです。
ドラムブレーキを開けたら、中がオイルでぐっちょりしていたので、
アクスルシャフトのオイルシールを交換することになりました

c-log1148-01
ミラ L260S リヤ アクスルシャフトオイルシール交換

c-log1148-02
ご覧の通り。ギトギトです。ブレーキシューも交換しないと駄目。とりあえず
ドラムを開けた状態です。

c-log1148-03
ホイールシリンダーのブレーキパイプロッドケーブルを外す。
パイプロッドケーブルからブレーキオイルが垂れてきますが、ホイールシリンダーのゴムキャップをつければ漏れがあるていど
防げます

c-log1148-04
続いてABSの車輪速度センサーを外す。10mm。

サイドブレーキワイヤーをラジアスロッドに止めてある10mmを1本外す。

c-log1148-05
バックプレートを外す。14mm4本です。
理屈上はネジを外せば取れますが、固着しているので、バックプレートを曲げないようにうまくハンマーをつかって
固着を外します

c-log1148-06
バックプレートはどこかに引っ掛けておきましょう

c-log1148-07
これでシャフトを抜きます。スライディングハンマーを取り付けるために、
この状態でブレーキドラムを取り付けます。

c-log1148-08
ドラムに今度はスライディングハンマーをセットする

c-log1148-09
ドラムごとシャフトを抜く

c-log1148-10
抜けたシャフト

c-log1148-11
奥にあるのがオイルシール

c-log1148-12
タイヤレバーで上手くはずす

傷をつけないように

c-log1148-13
外れた

c-log1148-14
新しいオイルシールを打ち込む

c-log1148-15
大型用のソケットがちょうどよかった。

オイルシールを打ち込んだらシャフトを打ち込む。

c-log1148-16
シャフトからドラムを外す

c-log1148-17
センターナットをシャフトの面まではめておいて、ハンマーでコンコンと軽く叩けば
ベアリングが面まで入ります

c-log1148-18
バックプレートの取り付け面に液体ガスケットを塗布。防水。

c-log1148-19
あとは元に戻す。ブレーキシューを新品へ。

ブレーキオイルのエア抜きをやれば終わり。

ミラのアクスルシャフトオイルシール交換でした。

オイルシールは500円くらいですが、作業指数は1,5時間だから
工賃が1万円ちょっとかかる作業になると思います。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ