ミラ L260S タイミングベルト・ウォーターポンプ交換

L260Sのミラです。
タイミングベルトを交換したのでレポートします

c-log1152-01
ミラ L260S タイミングベルト交換
L160Sのムーブもそうなんですが、タイミングベルトを交換するためにはフロントバンパーを外す必要が出てきます

c-log1152-02
エンジンマウントのブラケットがタイミングベルトカバーの前に鎮座していて、
その取り付けがフロントバンパーを外さないと取れないのが理由です。

c-log1152-03
エアーダクトが邪魔だからはずす

ウォーターポンププーリーの10mmの4本を緩めておいて、
補機ベルトを3本外します

c-log1152-04
これで、エンジンマウントをはずしにかかります。
右側のヘッドライトをはずした方が作業がやりやすい

c-log1152-05
マウントの14mmのネジがライトを外さないと緩めづらいのです

c-log1152-06
エンジンを下で支えておいて、マウントを外す。
そしてブラケットも外す。ちょっと知恵の輪です

c-log1152-07
クランクプーリーのネジをはずす。19mm

コレでタイミングカバーを外します

c-log1152-08
カバーを外したら1番圧縮上死点にあわせておく。

c-log1152-09

各オイルシールも交換するのでカムスプロケットのネジを緩める。17mm。
ネジロックというか液体ガスケットが塗布されているので緩みにくい。オイル通路になっているのです

c-log1152-10
タイミングベルトの張りを覚えておいてテンショナーを外す。

続いてウォーターポンプの交換にうつります

c-log1152-11
このEFエンジンのウォータポンプはASSYで交換するのがお勧め

c-log1152-12
新品

c-log1152-13
続いてオイルシールを交換

c-log1152-14
クランクも

c-log1152-15
オイルシールを交換したらスプロケットをつけてテンショナーをつけて
タイミングベルトをつける

c-log1152-16
張りを与える

c-log1152-17
あとは元に戻す

ミラのタイミングベルト交換でした。

作業指数はウォーターポンプ交換で3,6時間です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする