ミラ L700 パワーウインドウ動かない パワーウインドウスイッチ交換

ダイハツのミラです。

型式はL700というタイプのもの。運転席のパワーウインドウが動かないというので入庫。

原因を探ってみると、一発でわかりました。

パワーウインドウのメインスイッチが壊れています。

ご覧の通り、スイッチを押しても戻ってこない。逆に引っ張ったらそのままの状態でキープしている。

リターンが効いていない。パワーウインドウのスイッチが壊れるとよくある症状です。この症状で気をつけないといけないのは、知らない間にパワーウインドウスイッチがONになりっぱなしになっているのに気がつかないケース。

常にモーターをONしていると、パワーウインドウモーターに負荷がかかりっぱなしで焼きついてしまうことがある。

点検をしたらモーターは動くのでスイッチだけの交換で大丈夫。

交換は簡単です。スイッチの後部よりこじってやる。

ドアの内張りを剥がす必要はありません。出張でも簡単に交換が可能。

スイッチが外れたらカプラーを外します。

スイッチが外れた状態です。

新品のスイッチに付け替えます。純正だと高価なスイッチですが、今は社外品で安いものが出ています。

純正の半額以下ですね。

カプラーを繋いで今度は手前からドアの内張りにはめこみます。

後ろを最後にパチっとはめて終了。

メインスイッチを脱着すると、パワーウインドウのオートが効かなくなることがありますので再設定をお忘れなく。

再設定のやり方はガラスが閉まりきっている状態で、パワーウインドウスイッチを閉める方向へ数秒保持。

そしてガラスが開ききっている状態でパワーウインドウスイッチを開ける方向へ数秒保持。

大体がこれでOKです。

こういう部品は社外品でも全然いいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)