MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ミラ L710 エンジン不調 ISC交換

time 2016/06/29

ミラです。
L710V

c-log1051-01
ミラ

アイドリング時にエアコンが効かないということで入庫してきました。
症状を確認すると、エアコン自体がきかないわけではなさそう。

時速40kmくらいで巡航すると快適に冷えるエアコン。

アイドリングでなんでエアコンが効かないのかというと、頻繁にコンプレッサーのスイッチがONになったりOFFになったりするから

c-log1051-02
普通のNAのEFエンジン

エアコンのガスが入りすぎていると似たような症状が起こることがあります。
サイトグラスを覗いて確認すると、むしろ少ないような気泡が見える。

これだけではイマイチ確証に結びつかないのでちょっと試してみました。

エアコンには圧力スイッチがついています。ガスが少ないと圧力がかからないので、スイッチがONにならない
大体エキスパンションバルブのところに圧力スイッチがついています。

これを直結させるとコンプレッサーに電源を入れ続けることができる。
逆をいうと、たとえガスが入りすぎているとしてもONになりっぱなしのはず

圧力スイッチのカプラーを抜いて割りピンをさして直結させるとコンプレッサーがONになった。
しかし、すぐにOFFになってしまう。これではまったく症状が変わらない。

ということで、エアコン本体のトラブルではないと過程しました。

この車両自体はかなりの距離を乗ってきたあとなので、ファーストアイドルを試すことができませんでした。
なので時間をおいて、エンジンをさましてファーストアイドルを点検すると、明らかにアイドリングが不調になった。

ということで、答えはコレだ!

c-log1051-03
ちょっと分解

ファーストアイドルが効かない。このミラに取り付いているISCはスロットルの内部に突き出て、
バルブを開閉してスロットルの筒の中を塞いだり開いたりするものではない。

ただサーボモーターによって、スロットルバルブを機械的に開閉させているだけ。
外側から開閉させているのです

c-log1051-04
ISCバルブ

c-log1051-05
イグニッションコイルを外して、コイルのステーを外すとISCにアクセスできます。
ビスで3本でとまっているだけ

c-log1051-06
ネジを落とさないように慎重に交換

c-log1051-07
交換完了

c-log1051-08
ついでにスロットルバルブも洗浄しておきました。

ISCがうまく機能しなくて、スローが低くなってしまう。
そのため、エアコンの負荷がアイドリング時にかかるとエンジンがストールしてしまう。
それを防ぐためにECUがエアコンを意図的に切っている。
その繰り返しがハンチングのような症状を引き起こしていました。

ISCを交換すると見事に直ったミラ。
ミラのエンジン不調でした。

ISCバルブは21660円でした。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ