マウントがダメになると・・

車には、マウントといわれるその部品を支えているベースがある
一般的にはエンジンマウント、ミッションマウント、デフマウントがある。
これられは、10万キロを目安にへたってくるので交換したほうがいい。
しかし、マウントを交換する人は少ない。なぜならば主だった致命傷にならないからである。
昔こんなことがあった。エルフのミッションマウントがへたってしまい、それが原因で
4WDのバキュームダイヤフラムに接触。4WDに入らなくなってしまった。
マウントが経たると、振動が大きくなる。よくわかるのが、直6エンジンの高級セダンだ。この手の車のタイミングベルトを交換する時期になると、エンジンが6気筒のくせに
異様に振動するのである。

エンジンマウントが切れている証拠だ。

sb-log549-01

もうブルンブルンと震えてしまう。せっかくの直6エンジンの静粛性も台無しだ。
マウント類の点検方法として、タイヤレバーでマウントを抑えてみる。そうすると、マウントが切れて振動している場合は、振動が少なくなるのである。

逆にちょっとこじってマウントに亀裂が入っていないかも点検する。
僕が推奨するのは、ミッションマウントはMT車であればクラッチOH時に一緒に交換することだ。
どのみち外すのである。工賃は同じだから交換してしまえば部品代だけですむ。
マニュアルであれば、ミッションマウントが行かれるとシフトが入りづらくなる。
クラッチOH時と一緒にマウントを交換するのはとても合理的なのである。
高級セダンであれば、エンジンマウントを交換する意義が大いにある。静粛性がますからだ。
この手のセダンは静粛性を売りにしているんだから、エンジンマウントの交換は本来の売りを取り戻すということなのだ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. 愛知の事務員 より:

    RF3は先日ミッション・エンジンマウントを全交換しました。異音や振動はきれいに消え去りました。

    • MHO より:

      マウントは地味に大切ですね。ダイハツはマウントから異音がするのがあって、保障延長をしているほどです