ムーヴ L185S CVTミッションオイル漏れ トランスファOH

move-l185s-tsfkoukan1

ダイハツのムーヴです。型式はL185Sというものです。

オイルが漏れた跡があるということで入庫してきました。リフトアップして点検してみたら、オイルはオイルでもエンジンオイルが漏れているわけではない。

よく確認してみたら、ミッションのオイルが漏れてきました。

move-l185s-tsfkoukan2

この車に搭載されているミッションはCVTです。うーむこれはちょっと難解な修理になりそうな・・・。一番CVTフルードが滴り落ちているのはトランスファ近辺。

とりあえず漏れている箇所を確認するために4WDなのでトランスファを取り外すことにしました。

move-l185s-tsfkoukan4

ちなみにトランスファを降ろすにあたり、最初にトランスファオイルとCVTフルードを抜き取ろうと、トランスファのドレンボルトを外したらジャバジャバと流れ出るCVTフルード。

通常このドレンボルトからはトランスファの潤滑をしているギヤオイルが出てくるはず。ここからCVTフルードが漏れてくるということは・・。なんとなくミッションオイルが漏れている場所がわかってきました。これは軽症かもしれない。

move-l185s-tsfkoukan5

マフラーが邪魔になるので取り外して、右前輪のドライブシャフトをナックルごと引っこ抜きます。

move-l185s-tsfkoukan6

パッドとローターを外して、ABSのセンサを外す。ロアアームとタイロッドエンド、ストラットとの連結を外して準備完了。

move-l185s-tsfkoukan7

ドライブシャフトをズルズルと引っこ抜きます。

move-l185s-tsfkoukan8

ドライブシャフトを抜いた状態です。トランスファは横から数本のネジ、あとはマウントを外せば割と簡単に外れるのです。

move-l185s-tsfkoukan9

ネジを外していく。

move-l185s-tsfkoukan10

プロペラシャフトもフランジ部分で外しておく。

センターベアリングは外さないでも大丈夫です。

move-l185s-tsfkoukan11

トランスファとミッションの結合を外したら

move-l185s-tsfkoukan12

マウントのネジを外す。ここを外すとエンジンの重さにつられて車両前方へ動きますが、そんなに動くわけでもないので大丈夫です。

あとはトランスファをミッションから取り外すだけ。ちょっとこじればすぐに外れます。

move-l185s-tsfkoukan13

トランスファを外した状態。この状態で、ミッションオイルが他から漏れているかをよく確認すると漏れていない。

と、いうことは

move-l185s-tsfkoukan16

これはトランスファの展開図なんですが、この車のトランスファはCVTのフルードとの隔壁をドライブシャフトとオイルシールだけで密封しています。なので、CVTのフルードを抜かない状態で、ドライブシャフトを抜くとおそらくトランスファの方へCVTフルードが混入する。

今回不良になっているのは、そこのオイルシールだと思われます。

move-l185s-tsfkoukan17

ドライブシャフト側も点検。

move-l185s-tsfkoukan18

特に目立った傷はなし。

move-l185s-tsfkoukan26

とりあえずトランスファを分解していきます。

move-l185s-tsfkoukan27

オイルシールは数点使われているだけ。

move-l185s-tsfkoukan28

Oリングなども全部交換します。

move-l185s-tsfkoukan29

この内部のオイルシールが原因だと考えられる。

move-l185s-tsfkoukan30

デフみたいなものですね。

move-l185s-tsfkoukan31

内側から外側へ打ち込まれているオイルシール。

move-l185s-tsfkoukan32

原因がありました。オイルシールがめくれている部分がありますね。ここからCVTフルードがトランスファ側へ流れてしまったということですね。

move-l185s-tsfkoukan34

どうしてこうなってしまったのか?いきなりめくれるなんて考えられないけど・・。もしかしたらドライブシャフトを以前に抜いたり挿したりする整備をしたのだろうか?分解記録簿が残っていないので真相はわかりません。

move-l185s-tsfkoukan35

デフのベアリング部分にシムが入っています。

move-l185s-tsfkoukan36

オイルシールを交換。この内側のオイルシールが一番高い。1つ1100円程度。これを2つつかっています。

move-l185s-tsfkoukan37

Oリングを交換。洗浄して組み付けます。マニュアル参照です。

move-l185s-tsfkoukan38

最後にドライブシャフトが刺さる部分のオイルシールを交換。これが一番外側のシールですね。

move-l185s-tsfkoukan39

63mmのカップレンチがピッタリ。

move-l185s-tsfkoukan19

組み上がったトランスファを搭載します。

move-l185s-tsfkoukan20

載せるのは簡単です。

move-l185s-tsfkoukan21

元に戻していくだけ。

move-l185s-tsfkoukan22

ナックルを接続。

move-l185s-tsfkoukan23

組み上がったらトランスファのオイルを給油します。

move-l185s-tsfkoukan24

そしてCVTフルードを給油してテスト走行しまくりました。

move-l185s-tsfkoukan25

異音もなく、漏れもなくなおりました。

ダイハツのムーヴL185SのCVTオイル漏れでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 修理屋35歳 より:

    住んでる地域的に四駆が少ないので知らないことが多いです。
    今回のムーヴのように、CVTもしくはATフルードを抜いてからドライブシャフトを抜くという工程の車種はけっこうあるんですか?他メーカーで同様の手順もあるのでしょうか?

    • MHO より:

      基本的に、トランスファがミッションから外せる構造のもので、マニュアル車以外の場合は潤滑しているオイルが違うので
      このケースと同じ順序になってくることが多いです。
      4WDの場合、トランスファ側のドライブシャフトがかなり長いのが特長です。シャフトを抜いた瞬間にミッションオイルがトランスファ側へオイルが流入してしまうということですかね。

  2. 修理屋35歳 より:

    例えば、ドライブシャフトに不具合があって交換する場合や修理する場合は、まずCVTやATフルードを抜いてからシャフトを抜いて、修理が終わったらまた逆の手順で行えばいいって感じですかね?ザックリでいいんですがここは気をつけたほうがいいってポイントはありますか?

    • MHO より:

      ムーヴの記事でも書いてありますが、ドライブシャフトの抜き差しは気をつけたほうがいいかもしれませんね。
      ドライブシャフトの抜き差しで、トランスファのオイルシールが傷ついてしまったとしかこの場合考えられませんから。
      トランスファを突き抜けているドライブシャフトは通常の2WDのものよりもかなり長いのが特長ですね。