MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ミッションオイル・ギヤオイルの交換をする必要

time 2015/05/30

ミッションオイル・ギヤオイルの交換をする必要

本日はギヤオイルの定期交換について。
ボクは、マニュアルトランスミッションやデファレンシャル、トランスファーなどにギヤオイルが使われている場合、定期交換をお勧めしています。
世間一般的には、エンジンオイルというものしか広く認知されていないのが現状で、

「ミッションオイル?そんなもんはいい。」

sb-log341-01

と、お客さんもあまり望んでやる人は少ないところもあります。
しかし、トラックを商売道具として使っている人は結構実施してくれます。やはり商売道具が壊れたらそれだけ自分に響いてくるからでしょうね。
ギヤオイルというものは、エンジンオイルと違って、汚れているとか目視とかで点検をするのがなかなか難しい場所についています。レベルゲージなんてものもついていない。
大体、ドレンボルトには磁石が付いていて、その磁石がギヤの鉄粉を受け止めるようになっています。
定期的にギヤオイルを換えている人ならば、磁石にはあまり鉄粉は付いていませんが、10万キロで初めて交換なんていう人のドレンボルトはすごいことになっています。
逆をいうと、磁石でとりきれていない部分もある。それがギヤとギヤの間に挟まってしまい適正なクリアランスを保てないばかりか、かじりの原因にもなってくる。

一度ミッションブローをしたいすづのエルフのミッションを確認したことがありますが、
ブローの原因はミッションオイルの鉄粉でした。もうすごいんですよ。ドレンから排出されてくるギヤオイルが。

真っ黒で、鉄粉がどんどんとでてくる。
鉄粉を一度除去するという意味合いを込めても、ギヤオイルの交換というものは価値があると思います。
できれば車検ごとには変えてもらいたいですが、それもちょっとなぁと思った人は
車検2回に1回ずつ位は換えた方が、あとあとを考えると状態を良く保ってくれると思います。
ぜひギヤオイルも定期交換しましょう。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ