MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ネームプレートとコーションプレートから読み取れるフル型式とは?

time 2015/09/26

ネームプレートとコーションプレートから読み取れるフル型式とは?

c-log783-01

ネームプレートから読み取れる情報

本日はちょっとためになるのかわかりませんが、
ネームプレートについて。

よくエンジンルームなどに貼ってあるプレートです。

このプレートですが、一般的にはコーションプレートと呼ぶ人が多かったりします。
が、コーションプレートではありません。

コーションは警告という意味ですのでそもそも違う。
エンジンルームに注意を促すステッカーが張ってありますが、あれがコーションプレートと呼ばれるもの。

これはフレームナンバープレートでもおかしいし・・・

トヨタではネームプレートという名称で通っているプレートです。
時にこのネームプレートを使わないといけないときがあったりします。

まずはネームプレートから読み取れる情報で、一般的に使用される傾向が強いのが

カラーコード

これはボディ色を特定するためのコード。
以前も更新しましたが、今では外装部品を発注する際、すでに純正色に塗装されている
塗装済みバンパーなどを注文することが出来ます。その時の注文に必要になるのが
このカラーコードです。

c-log783-02
カラーコード

そして内装関係はトリムコード
トリムコードは一般的に内装色を表します。

c-log783-03
トリムコード

内装はグレードによって色がちがったりしますよね?
その内装部品を取り寄せる際に必要になるコード。

そして部品発注時には車体番号と形式指定番号、類別区分番号と年式があれば
大体が注文できると更新したことがありますが、細部にわたる取り決めの際、

フル型式
というコードが必要になってきます。

c-log783-04
フル型式

これはトヨタのノアなんですが、
c-log783-05
車体番号はご覧の通りZRR75から始まります。

が、フル型式はZRR75よりも以前に、DBA-といった形でついてきます。

よく特殊車両の注文の際に、このフル型式を提示しないと部品が出ない場合があります。

この車両も、フロントバンパーを注文するんですが、

福祉車両で、フル型式がないと注文ができませんでした。
車検証にはフル型式は記載されていないので、

このネームプレートから読み取る必要が出てくるというわけです。

というわけで本日はコーションプレーとならぬネームプレートについてでした。

 

sponsored link

コメント

  • このノアは4駆なんですかね?
    過去にセールスマンから聞いた話ですが、ネームプレートに印字されているフレームナンバーと、車体に打刻されているフレームナンバーが違う新車があったと聞きました。

    by 愛知の事務員 €2015年9月26日 21:17

    • 確か四駆だったと思います。

      by MHO €2015年9月27日 19:42

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ