MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

整備ネットワークと諸活動

time 2015/05/26

整備ネットワークと諸活動

自動車整備士って、絵に描いたようなイメージで思っている人が結構いると思います。
まさにそのとおりで、絵に描いたようなイメージなんですよ。
今日はちょっと違った視点でのお話しを。大体の工場は認証番号や指定番号というものを持っています。
整備振興会とつながりがあり、○○支部の○○工場といったそんな感じで、所属しています。
この支部の活動というのはいろいろあります。まずはお勉強会。
最新技術や検査基準について、みんなで話し合う。続いて諸活動として街頭検査があります。
これは警察と一緒になって、不正改造車を撲滅せよみたいなスローガンで行います。
街頭検査で何をおこなうかというと、通行する車を一旦止めて(警察の権限で)車が不正改造をしていないかを確認したりします。あまりにも悪質な場合は改善命令まで出されてしまいます。
これを各支部の代表が集まって警察と一緒に抜き打ちで行います。ボクも検査員の先輩が違う出張で出払っていたので、お手伝いをしに行ったこともありますが、なかなか強力な活動ですね。

sb-log336-01

そして、ブラックユーザーなどという名簿も支部に出回ってきたりします。
これは売り上げを支払ってくれない悪質なユーザーであって、この車両が入ってきたら
整備作業は行わないようにと、整備工場で結託して望むというもの。
名簿に目を通してみたら、下は2万円程度の未納金から上になると100万円以上の未納金など様々。
ある程度の約束を通して、まったく支払う誠意を見せない悪質なケースに限り、そういった名簿のリストに名前を刻まれてしまう。こんなこともやっていたんだなと、最近知りました。
それと整備工場同士の親睦会と称してボーリング大会をやったり、みんなで旅行にいったりもします。
整備工場というのは、ディーラーだろうが町工場だろうが同じで、みんな整備振興会に所属しています。
すべてつながっているんだということを改めて知りました。
ちょっと意外な整備工場の一面についてでした

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ