思った以上に錆びていた次のマイカー

今日、会社に行って次のマイカーになる車の車検整備をしてきました。

平地で使われている車なので大丈夫だろう!と思っていたんですがリフトアップしてちょっとびっくり。

結構錆びてるんですよ。うーんこれは誤算だった。恐ろしいのがエキゾーストマニホールドの遮熱板。もうネジ山が全くなくて、もげていました。

このままでは外れちゃうのでとりあえずマニホールドに点付けで溶接をしておいた。

部品だけを揃えておいて集中的に直したほうが良さそうです。ちなみに年式が平成21年式で走行距離は2万キロ弱でした。この辺りは程度はいいんですが、ノーマルタイヤはツルッツル。取り合えずスタッドレスタイヤで車検を通すからいいんですけど。

あといろいろと擦り傷だらけだったな。完全に下地が出ちゃっているところもあったし。うーん現状を知ってしまうと気持ちが揺らいでしまう・・。

しかし元マイカーは次の行き先が決まっているので、こちらも12ヶ月点検をしてきました。

メニューとして

エアクリーナー交換

エンジンオイル交換

オイルエレメント交換

ファンベルト交換

ブレーキパッド交換

ブレーキローター交換

タイロッドエンドブーツ交換

フロントパイプ交換

ここまでやっておけば当面交換する部品は出なくなります。次年度車検を控えているからきちっとやっておかないと。

次のオーナー様が買ったばかりの中古車に車検代が高額にかかってしまった・・。なんていうことになると信頼の失墜です。

若干過剰なほどの整備をしてきました。あと下回りの錆止めもやってきた。

錆止めというと、お手軽でおすすめできるのが

これは塗料の膜がかなり厚いので、本当に塩害から守ってくれます。アンダーフロア全てに吹いていいと思います。

色は白もあります。

これで錆止めはそこそこOK。

あとは各種錆びてもげているエキゾースト系統を修理すればいいかなぁ。継続検査して名義変更・あとナンバー変更して保険をうつせばようやく乗り換えられます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 愛知の事務員 より:

    D車製は錆び易い傾向にあると思います。
    防ぎようが無いところが錆びるので厄介です。

    • MHO より:

      Rrフレームの錆びが本当に厄介です。ひどい車はブレーキホースがプランプランしてましたから。