MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

カプチーノ NGKプラグコードの交換

time 2014/12/14

カプチーノ NGKプラグコードの交換

今のガソリン車といえば、そのほとんどがダイレクトイグニッションシステムになってきました。ダイレクトイグニッションシステムというのは、各シリンダーに1つずつイグニッションコイルを備えているということです。

ダイレクトイグニッションのメリットは、点火ロスを防ぐことが出来る。プラグコードを廃止しているのが大きな点です。

ダイレクトイグニッションが採用される前は、ディストリビューターとプラグコードが主流だった訳です。ですが、このプラグコードというもの、よく点火火花がリークすることで有名だったのです。なので、ディストリビューターキャップやローターの交換、プラグコードとプラグの交換というのは、点火系のメンテナンスの王道メニューでもあったのです。

プラグコードは10万キロを超えてきたら一度交換をしたほうがいいと思います。プラグコードは意外と安いんですよ。気筒数×1000円くらいなプライスです。

そんなわけで、今回プラグコードを交換してきたのでレポートします。

使用したのNGKプラグコード

ngkplugcord1

交換する車両はスズキのカプチーノ。走行は21万キロです。

ngkplugcord2

中身は気筒数とメインコードと呼ばれるイグニッションコイルにつながるコードを合わせた数。

今回は3気筒なので4本入っています。

ngkplugcord4

 

プラグコードはつなぎ間違えるとミスファイヤと呼ばれる点火ミスが発生します。それを防ぐ為にも、1本ずつ交換していくのが安心です。

ngkplugcord5

 

プラグコードと一緒にディストリビューターキャップとローターを交換するのがベストです。今回は5万キロ前にキャップとローターは交換しているのでプラグコードとプラグ。あとイグニッションコイルも交換しました。

ngkplugcord6

 

プラグコードは4000円もしませんでした。このくらいの値段なら、無用なトラブルに巻き込まれる前にさっさと交換をしたほうがいいと思います。

プラグコードの交換はおすすめです。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ