MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

NISMOクラブスポーツパッケージ

time 2014/11/11

NISMOクラブスポーツパッケージ

「NISMOクラブスポーツパッケージ」
なる物が、NISMOより発表されました。これは日産GT-Rのオールモディファイ計画とも言える内容。
日産GT-Rのチューニングパーツのリリースですね。
しかし、驚くべきはそのプライス。

gtr

¥5,460,000
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ご、ごひゃくよんじゅうろくまんえん!??
そうです546万円也。これってものすごいプライスであります。
あと2百万ちょっと用意すれば、もう一台日産GT-Rが買えてしまうではないでありますか!!

一体何がそんなに高いのか順に見てみましょう
シャシーパッケージ(専用サスペンション、専用タイヤ、専用ホイール*、取り付け/セットアップ込み)¥2,205,000
カーボンバケットシート*(左右セット、取り付け込み)¥1,890,000
チタンエキゾーストシステム*(専用リヤディフューザー付き、取り付け込み)¥1,890,000

工賃は546万円に含まれているそうです。良かったですね。

ニスモの目的は
サーキットでの走行性能向上を図りつつ、サーキットへの移動も十分考慮し、
高速道路においても高いスポーツ性能を発揮。仙台ハイランドレースウェイにおいて同スペックの
標準車より1秒以上のタイムアップを開発目標性能とし、専用タイヤの開発まで行った
ということだそうです。

しかし、高いですね。
日産GT-Rは車両の完成度を考えると、超バーゲンプライスな車両ですが、アフターパーツは高いし、
アフターメンテナンスもめちゃくちゃ高い。
車両を買ったとしても、維持ができなくなる車になってしまいます。
日産ハイパフォーマンスセンターでの整備を前提にしないと保障がなくなるだろう。
でも、保障期間が過ぎてしまったら、それこそ町のGT-R専門店での
整備依頼が増えるような気がしてなりませんね。
タイヤはランフラットタイヤは高すぎる!
普通のラジアルタイヤとかはめて走っている車が増えると思う・・・。

546万円は考えさせられる値段ですね。

PS、この記事はGTRが発売されて間もない頃の記事です。ちょっと情報が古いですが、当時はこんなものがあったんだよということでお楽しみください。

 

このぐらいのパーツなら・・でも高いっ!

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ