MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ヒーターが効かない時の応急処置

time 2015/01/23

ヒーターが効かない時の応急処置

冬になってようやく気づく車の不調

それはヒーターが効かない!!

ということなんです。で、本日はヒーターが効かない時
ひょっとしたら復活するかもしれないよ技を紹介

ヒーターが効かなくなる理由として

①水が入っていない
②サーモスタットが壊れている
③アクチュエーターなどの不良

これらが大雑把にあげられます。

①はラジエターの水をチェックすればOK。入っていないときは補充してエア抜きすれば大丈夫。
漏れちゃだめだけどね。

②のサーモスタット不良の場合は、アイドリングでは温度があがって効いてきますが、走行していると
ヒーターが効かなくなるケース。これは水温計とにらめっこしていてね。水温がすぐに下がるようなら
これが怪しい。

そして③のアクチュエーターの不良

これはオートエアコンの場合はお手上げのものが多いけど、昔ながらの
ロッドやワイヤーリンク式のものなら何とかなります。

スポンサードリンク

デジタル表示のエアコンはちょっと厳しいけど
レバーで風向や風量などを調整するタイプは大丈夫です。

どうするかっていうと

no-heater-syoti1
まずはヒーターコアの辺をまさぐってみます。

そして

no-heater-syoti2
このようにワイヤーやらロッドがつながっているものを発見したら

これを手動で動かしてみる

no-heater-syoti3
こんな感じで

no-heater-syoti4
ぐぐぐとな

これで風向やら風量やら温度レバーを動かすのと同じなんですよ。

ただあの風量とかのレバーにワイヤーやリンクロッドをつけて、
ヒーターコアのダイヤルを動かしてやってるだけなのです。

だから水温が安定して、水も入っている場合のヒーター不良は
このロッドやワイヤーがいかれている場合が多いんですよ。

なので手動で直接ダイヤルを動かしてやればOKなんです。

これは知っておくと便利だよ。大体ワイヤーが外れていたり伸びていたりって
トラブルが多いからね。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ