車にキーがなくなる時代はもうすぐそこまで来ている

車につきものなアイテムといえばキーです。

昔ながらのメカニカルキーをイグニッションのキーシリンダーへ差し込んでエンジンをかける。

今時の電子キーを携帯して、キーを持っているという認識をさせてエンジンをかける。

はたまたドアロックを開閉する。などなど。車にとってはキーという物が進化をしているのは間違いないけれど、未だに使い続けている。

この「キー」ですが、そろそろなくなる時代が見えてきています。

知らなかったんですが、テスラってスマートフォンアプリでドアの開閉からモーターへの電源などをアプリ上で行えるようになってるとのこと。

BMWもこれに追従していくわけですね。
思えばキーといえば、いろんな事件がありました。

全部のキーを無くしてしまう人

これは昔ながらのメカニカルキーならリカバリーができます。

とりあえず秘密道具を使って運転席ドアのインロックを解除します。そして、ドアの内張りをはがしてキーシリンダーを外す。

そこに書いてあるキーナンバーから新しくキーを鍵屋さんに作ってもらう。この場合身分証明書などの提出を求められます。

ディーラーなどにスペアのキーをキーナンバーで注文してもらう時、本人確認の書類として免許証のコピーを提出させられるところもあります。

これがスマートキーになったら最悪。

もう我々町工場では手に負えなくなってしまいます。ディーラーに相談して、現場でなんとかドアを開けてもらい、スマートキーを登録し直してもらう。

この時専用の外部診断機が必要になります。メーカー純正のやつですね。

キーを無くしたらさぁ大変なのです。

燃料キャップがキーのタイプで不具合が・・

主にトラックです。トラックの燃料タンクって横についていますよね。外にむき出しで。そのままだと燃料を盗まれちゃうので、燃料キャップに鍵穴をつけているタイプ。

軽トラックもそういうのがありますし、大きなトラックは大体がこれ。

このタイプで困ることっていうと、燃料キャップのキーシリンダーが回らないと燃料をいれられなくなるというオチ。

そんなバカなことあるのか?って思いますよね。あるんです。

なぜならば、燃料タンクのキーシリンダーってむき出しで付いています。当然ゴミが内部にはいらないようにシャッターがついています。

が、山間地で塩カルの餌食になり回らなくなるシリンダーがあるんです。それこそパーツクリーナーから始まってありとあらゆる手を使い、外側から清掃をしていきなんとか回す。回ったら新しい燃料キャップに交換してもらう。

以外に多いです。ドアのキーシリンダーってドアに付いてますよね。垂直についてるからゴミは入りにくい。

これが燃料キャップだと斜めに付いているのでゴミが堆積するんです。ガソリンスタンドで燃料を入れようとしたら鍵が回らないっていう相談を何件受けたことがあるか・・。

車にキーっていうものがあるがために、こういった不具合も生じてくるわけです。

車のキーはスマホアプリでいいのか?

では、車のキーってスマホアプリになってもいいのか?っていうところですよね。これはまだまだ超少数派だから問題が表面化してこないだけで、実用化されて幅広く使われるようになったらいろんな問題が出てくると思います。

それこそハッキングを受けてしまう。とか、スマホをなくしたらどうする?とか。これはキーを無くしたのと同じ状況ですけどね。

昔ながらの技術にはそれなりにいいところもあるわけで、スマホアプリにしてもいいけれどエマージェンシー用になんらかの施作はうってほしいですね。

もうイグニッションスイッチの不良とかなくなっていくんだろうな・・・。時代は大きく変わってきていますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)