MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

Garage.comのナットツイスターソケットが超便利

time 2015/02/11

Garage.comのナットツイスターソケットが超便利

車の整備をしていると、どうしても遭遇してしまうのが舐めてしまったネジや錆びて頭が丸くなったネジ。こういったネジをどうやって外そうか・・・。

随分と悩んでしまいます。それ以上ネジを舐めてしまうと回すことができなくなることもあります。なるべく早い段階で手を打たないとまずいわけです。

僕も何度もそんな経験をしてきたので、ナットツイスターを購入しました。

nut-twister1

1つずつ単品で売っているので、とりあえず必要なサイズを4つ購入。

nut-twister2

いわゆるツイスターと呼ばれるソケットです。舐めたネジを回すのに最適と言われている工具になります。

nut-twister3

僕が買ったサイズは10mm、12mm、14mm、17mm。この4つです。おそらくこの4つがあれば大体のネジには対応できるんではないかなと。

nut-twister4

このナットツイスターソケットですが、先日初めて使いました。それはマフラーのネジです。ナットツイスターを使うのを前提で作業をしましたが、最初に軽く酸素で炙ってからツイスターで外しました。

本来ならネジの頭がなかったので、プライヤーでつかんで回すといったことをしないと外せないネジが楽々グリップするのが感激しましたよ。

僕が買ったのはこのGarage.comの製品です。ストレートやコーケンなどからも同様のソケットが販売されていますが、この製品はコストパフォーマンスが一番いい。ソケット1つが1000円しないのです。

とりあえず買っておいて損がないの10mm、12mm、14mmこの3つのサイズですね。17mmのネジを緩めるシチュエーションにはまだ出会っていないのでなんとも言えませんが、予算があれば17mm、19mmまで揃えておけば完璧でしょう。

このナットツイスターはとにかくおすすめです。

これを買ってから舐めたネジに遭遇するのが嫌じゃなくなりましたからね。ソケットの耐久性も値段の割にはいいと思います。

nut-twister5

先日、初めてナットツイスターを使いました。タイミングベルトを交換する車のタイミングベルトカバーのネジが錆びすぎて緩められない。

nut-twister6

10mmですが、9mmのソケットもうまく打ち込めない。

nut-twister7

それではここで出番だと、ナットツイスターを使ってみたんです。

nut-twister8

果たしてうまくいくのか?

nut-twister9

ねじり込みながらネジに食いつかせます。

nut-twister10

そしてラチェットで回してみると、おお!緩んだ!。

nut-twister11

頭が丸くなったネジでもバッチリでした。あえて弱点をいうと、これはネジを緩める方向にしかグリップできないということ。最初に緩むんですが、そのあとはネジを締めたり緩めたりの繰り返しをしないと折れてしまう場合は苦戦します。

ですが、緩んでしまえば問題ないケースの場合は大丈夫です。これは買いのアイテムです。

 

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ