MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

オデッセイ RB2 ファンベルト交換

time 2016/03/21

オデッセイ RB2 ファンベルト交換

ホンダオデッセイです
平成17年式
型式RB2
エンジン K24A

c-log965-01
車検で預かりましたが、ベルトを交換という指示がありましたので
オデッセイの補機ベルトの交換をレポートしたいと思います

オデッセイのファンベルトは、一本で全ての補機類を駆動しているサーペインタイン方式です。
張りはオートテンショナーで調整してします

交換作業自体は単純

c-log965-02
一番上にパワステポンプがついています

c-log965-03
まずはベルトのかかり方をメモ

c-log965-04
パワステポンプの真下に張りを調整しているオートテンショナーがあります。
このテンショナーの14mmのネジをロングストレートのメガネでキャッチ。

c-log965-05
ここの14mmですよ。

そのままベルトを緩みの状態へテンショナーを動かします

c-log965-06
フロントバンパー側へ動かすという動かし方ですね。そうするとベルトが緩むので、外します

c-log965-07
どこかの補機類を外してしまえば簡単にとれてきます

 

c-log965-08
フェンダーライナーの一部を外しています。そうするとクランクのプーリーとエアコンプーリーが見えてきます

c-log965-09
続いて新しいベルトをかける

c-log965-10
レイアウト通りにかけられたら最後にテンショナーを緩みの方向へ移動させながらパワステポンプにかける。
これがちょっとコツが居る

でもこれでオデッセイのファンベルト交換は終わりです。

最後にエンジンをかけてみて、全てのプーリーの溝にきちんとベルトがはまっているかを確認してください。
ずれているとすぐに切れてしまいます

c-log965-11
以上 オデッセイRB2のファンベルト交換でした。ホンダのK型エンジンは大体この方式です。
ステップワゴンもストリームも。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ