オイルキャッチタンクとは?ブローバイガスをためるタンク

オイルキャッチタンクはブローバイガスを溜めておくタンクです。
通常ブローバイガスはクランクからピストンリングのスキマなどを通って上がってきますが、そのブローバイガスはインテーク側へ再循環させています。

word-c0-a44-01

このインテーク側への再循環をやめて、タンクの中へ貯蔵しておくのがオイルキャッチタンクです。

とくにサーキットランなどではエンジンの内圧も高まるのでブローバイが多発するのでオイルキャッチタンクをつけたりします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)