エンジンオイルの入れ方について

oil-irekata1

エンジンオイルの入れ方について

エンジンオイルを自分で交換するときは

オイル缶をオイルジョッキに入れていれたり、缶から直接入れたりするわけですね。

で、オイルというものは当然粘度が存在しているので、
なかなかエンジンの中にはいっていかない。

短気にもガーっと入れるとエンジンによってはオイルがあふれたりして、
惨事になりますが、それよりもっとひどい惨事になるんです。

これは先輩に聞いた話ですが、
オイルをものすごい勢いで入れて、

コンロッドが曲がった

らしいんですよ

なんで!?

と思いますよね。僕らもそう思います。

でも聞いて納得。

ある一部のエンジンですが、

勢いよくエンジンオイルを入れると、ブローバイのホースよりインテークマニホールドに
エンジンオイルが逆流して、そのままインテークのバルブから燃焼室に入り込み、

圧縮できないために、コンロッドが曲がっちゃった

ということらしいんですよ。

スポンサードリンク

一部のエンジンだけですが、

スバルのビビオなんかは、オイルフィラーがヘッドカバーより伸びて取り付いているため、
勢いよくオイルを入れるとエアクリーナーが

オイルマミーれになったりします。これはその極論みたいな結果ですね。

オイルを入れすぎて、ブローバイからインテークへ逆流
そして圧縮できずにその圧力に耐え切れなくなったコンロッドが曲がってしまうと。

Zやスカイラインに搭載されているVQエンジンなんかは、

オイルを入れているときはレベルゲージを抜いた状態で入れちゃいけないと
注意書きをするなど、いろいろとあるみたいですね。レベルゲージからふいてきちゃうんだよね。

ま、オイルというものは、ゆっくり慎重に入れることにこしたことがないと
そういう結論です。あわててオイルを注入しないようにしましょう。

あとで泣きをみるかもしれないですよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする