MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

エンジンオイルの量を考える

time 2015/02/24

エンジンオイルの量を考える

本日の話題はエンジンオイルの量について。
僕がプライベーターだった頃はエンジンオイルの交換の時に量を少し多くいれていました。
フルの目盛りよりもわずかに多く。
昔のエンジンはさほど電子制御されていなかったのでそんなに極端なトラブルは出ませんでしたが、現代の車にはエンジンオイルの入れすぎは百害あって一理なしです。

oil-ryou1

今のエンジンの多くはスロットルバルブに電子スロットルバルブを使っているものが多い。
スロットルバルブを電気的に制御するもので、アクセルワイヤーがついてない。
この電子スロットルは大変デリケートにできています。エンジンをかけるまえとかけた後で学習なるものを行っているので、スロットルバルブのカーボン除去による
キャブクリーナーの使用は原則不可。
そしてエンジンオイルを入れすぎると内圧が高くなり、インマニへのブローバイが過多となり電子スロットルバルブをやはり壊すことになりかねないエンジンオイルの入れすぎは厳禁なのですよ。
あとたまにはブローバイのPCVバルブを掃除してあげる。
チェックバルブの動きがカーボンで鈍くなってたりすると、インマニへの吹き返しも増えたりします。それと余談ですがDIYでオイル交換するとき。

oil-ryou2

車によってはフィルター同時交換で4,2リットル必要な車があります。
5リットル必要なエンジンなら普通に売っている1リットル缶を余計に買うのもありですが0,2リットルかあ…というときには、0,2リットル分のエンジンオイル添加剤などで量を合わせるというのも一つの手かもしれませんね。

僕はよくこのKUREの多走行車を入れています。
特に毎回DIYするわけでもない場合には有効です。
ただしきちんとしたメーカーのきちんとしたオイル添加剤を選んでくださいね。
というわけでエンジンオイルの量についてでした

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ