自宅整備用にオイルサクションガンを買ってみた

最近、工具を買ってます。DIYであまり出番は少ない系の工具が多いですが、YouTube動画を始めたので。それらの作業をするのに必要になってきました。

今回買ったのはオイルサクションガン。

アストロプロダクツで買いました。何をする工具かというと、ギヤオイルなどを交換する時に粘度の固いオイルを入れるための工具です。

かなりでかいスポイトみたいな感じです。

うちの会社でミッションオイルやデフオイルを交換する時って、ミッションオイルはエアの圧送式タンクをつかっています。

デフオイルは手動ですが、サクションガンとは比べ物にならないほどやりやすいポンプを使って交換しています。

プライベートでギヤオイルを交換するとなると、こういったサクションガンがあればまあまあいいかなと。昔灯油のポンプで交換したこともありました。かなり時間がかかりましたけど交換できなくもなかった。

容量は500ccです。デフオイルなら2回程度。ミッションなら3回〜4回くらいですね。500cc全て容器の中に入れられるかというと、そうでもないのでもう少し回数が必要になるかもしれない。

ふたにもちゃんとパッキンがついています。上下するポンプ部にもパッキンがついています。うちの会社にもオイルサクションガンがあるのですが、パッキンがいまいちで手元からオイルが漏れてきちゃうんです。

ホースを繋いで使います。

手元の取っ手はちょっと小さいかな。

何がすごいって、最初思い切り手でレバーをひっぱっても動きませんでした。これはパッキンがよじれるんじゃないのか?とすこしずつひいては押してを繰り返したらようやく動くようになりました。

実際に使ってないので、どうなのかわかりませんが今度使ってきます。

オイルサクションガン、たくさんいろんなメーカーが出ていますが、このアストロの物が一番安かったです。これがきちんと使えれば、おすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 愛知の事務員 より:

    さすがにサクションガン使う整備までは自分で出来ないですね。
    トルクレンチは壊れたのでブリッツで新調しました。