MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

オイルチェンジャーでオイル上抜きでオイル交換をしてみた

time 2015/06/22

オイルチェンジャーでオイル上抜きでオイル交換をしてみた

先日家の車のオイル交換をしました。
家で行ったんですが、昔なら車の下に潜って廃油うけを用意して…
とまあいかにもDIY的なやり方でやっていましたが、汚れることと、危険なこと。いろいろ懸念して、電動オイルチェンジャーを以前買いました。

sb-log366-01

そのオイルチェンジャーを使って二回目のDIYオイル交換上抜きを行いました。
用意するものは廃油を受けるオイル缶ひとつ。それと新油とジョウゴです。簡単にいくはずの
上抜きオイル交換で地獄を見てしまった。
まず、レベルゲージを抜いて吸入パイプをいれるんですが、なかなか入らない。
引っかかって入らない。無理に入れたら今度は抜けなくなった。焦りました。
そんでもって車のバッテリーから電源を取る。さすがにエンジンかけっぱなしというわけにはいかない。
オイルを吸い上げるんだから。
抜きやすいようにエンジンをしばらくかけてオイルを温める。
さあ吸い上げるぞとスイッチをいれたら全然吸えない。
説明書を見るとコンプレッサーにオイルを先に入れないと駄目とのこと。
ようやく吸い上げられたと思ったら排出のホースが本体からぬけてオイルが周りに飛び散りまくり。
いやはやこれから高速に乗るのにと。悲惨な目にあってしまった。
便利なようで取り扱いを誤ると結構な惨事になってしまうなあと思いました。
次は大丈夫かな

こういうK20Aみたいに、オイルレベルゲージの筒がないタイプっていうのはオイル上抜きに向かないかもしれない。たまにオイルチェンジャーのストローが引っかかったりして肝を冷やしますからね。

やっぱり手動のほうがいいな。

sponsored link

コメント

  • こんばんわ
    上抜きは簡単なようで実はめんどくさいですね。
    振動で排出ホースが抜けたりしたらとんでもないことになります。
    止め時の見極めも難しいし、使用後のホースの養生にも気を使うし、一長一短でまあ最後は好き好きですが、減点回帰したクチですよ。

    by よもやん €2015年6月22日 20:39

    • 排出ホースがオイル受けから外れたことがあります。
      それはそれは悲惨なことになりました。

      by MHO €2015年6月22日 21:07

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ