同じエンジンでも違う車種

同じエンジンで違う車種。というタイトルで。
先日、ホンダのアクティのタイミングベルトを交換しました。このE07というエンジンはライフではタイミングベルト交換をしたことがあったのですが、アクティは初めて。
ライフではなかなかに苦戦したのでアクティもどうかなと思っていたらあっさり終わった。
これは同じエンジンでも違う車種というところがポイントなんだと思います。

cam-seal-more1

ライフのタイミングベルト交換でてこずったのは、エンジンマウントのボルトが抜けなかった。
ボルトをぬくクリアランスが確保できなかったので、リフトを上げたり下げたりエンジンを持ち上げたり下げたりの繰り返しで時間がかかった。
しかしアクティになると冷却水のホースを抜いてしまえば、エンジンは下まで下がる。
そうするとエンジンマウントのネジは簡単に抜ける。あとはタイベルの交換は同じ。
このように同じエンジンでも車種が違うと時間的にも相当な差が出てきます。

日産のシルビア系のSRエンジンもその昔にはブルーバードやプリメーラにも搭載されていた。
SRエンジンも縦置きと横置きでは整備性がなかなかに変ってくるわけですね。
エンジン自体は同じなので整備はかわりないんですが、やりやすさ、やりにくさが変ってくる。
逆にほぼ同じボディで、同じエンジン、違う車種というのは整備性は殆ど同じ。
例えばアルトとワゴンRとMRワゴン。これは整備性に関して言えば全く同じ。しかしこれが
エブリィになってくるとキャブオーバーで且つ縦置きになるのでターボの交換はかなり違う。

このように同じエンジンで違う車種というのは簡単なようで難しかったり難しいようで簡単だったりするわけです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする