大型車のホイールナット締め付けトルクの重要性を説く

今盛んに大型トラックのホイールナットについて言われていますが、

c-log1021-01
まさにそれが入ってきた

c-log1021-02
走行中異音がするということで、預かってみたらホイールに錆汁が。
一目瞭然。これはホイールナットが緩んでいる

c-log1021-03
案の定ホイールナットが通常のトルクでは緩まない。渋い。
ねじ山が壊れている証拠です。このまま走っていれば、おそらく折れているでしょう

c-log1021-04

c-log1021-05
錆錆

うーむ

c-log1021-06
そんなことでクリップボルトも全て交換

c-log1021-07
5穴です

c-log1021-08
新品

c-log1021-09
規定トルクで締めないと駄目なのです。トルクレンチをいまだにつかわない場所も多い。

c-log1021-10
交換したネジ

c-log1021-11
シャキーン

c-log1021-12
大型のホイールナットもきちんと規定トルクで締めましょう。

きちんとしたトルク管理をしないと危険です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. 愛知の事務員 より:

    インパクトで締めれば緩まないと思っているんでしょうか。
    ほぼ緩みますよ、FD3Sでは高速で外れましたから。

  2. 整備士 より:

    古いクリップボルトは簡単に外れましたか?

  3. 愛知の事務員 より:

    高速で左前輪が外れ、車線塞いで夕方のニュースに出ました。
    側壁にぶつからなかったのが幸いでした。
    自分の車じゃないんですよ。
    仕事上だったので保険でまかないました。