DIYでオイル交換をするときにオススメできるオイルジョッキはこれで決まり!

とうとうオイルジョッキを買いました。

今回僕が買ったオイルジョッキはこちら。

家の車のオイル交換は基本的にDIYでやってきました。これまではオイルジョッキをつかっておらず、ジョウゴを使ってエンジンにオイルを入れてきました。

ただ、ジョウゴでオイルをエンジンに注ごうとすると固定ができないし、こぼれやすい。不満点がいくつもあったので、これから先のことを考えてオイルジョッキを買いました。

僕がこのデイトナのオイルジョッキを選んだ理由は何点かあります。

フタつきのオイルジョッキ

オイルジョッキに求めているのはフタ付きであるということ。これが1つ目のポイントです。職場でもオイル交換時にはオイルをサーバーからジョッキに移して使います。

使い終わったオイルジョッキってフタがないと内部にゴミが入りやすいんです。そしてベタベタとベタつく。これがいや。

このデイトナのオイルジョッキは、フタが付いています。さらに、オイルをジョッキに注ぐところにこし網もついている。ゴミが内部に入るのを二重で防止しています。

フタは回してはめるネジ式ではなく、力を加えてパカッとはめるフタです。

日陰で保管しておけば経年劣化はある程度は避けられるでしょう。

そしてオススメポイントその2。注入口にもフタが付いている。

おそらく最初に使った後は、オイルの注入口はジョッキに固定した状態で保管することになるでしょう。なので、注入口にもフタが付いてるのは安心です。

目盛りがついているジョッキ

今時目盛りがついていないオイルジョッキを探す方が大変だと思いますが、このジョッキにもきちんと目盛りが付いています。0.5L刻みです。

0.5L刻みで十分。特に問題はありません。

なぜ2Lジョッキにしたのか

最後に2Lというサイズについて。

なんで2Lジョッキにしたのか?一般的な車はエンジンオイルを3L弱入るものがほとんどです。それを考えると4Lジョッキにするのがベストだったのではないか?

この疑問は、職場で4Lジョッキを使っていて、そのサイズが保管するには大きくていやだったからです。

確かに大は小を兼ねると言いますけれど、使い終わった後物置の中に保管するんですが、4Lジョッキだとちょっと大きすぎる。

2Lジョッキだと2回か3回に分けてオイル交換をしないといけないでしょう。これは面倒でもいいんです。収納のことを一番に考えて選びました。

実家には1Lジョッキがあるんですが、1Lだと小さすぎる。今まで実家の車は1Lジョッキで作業していましたが、オイルフィラーが奥底にある場合こぼれやすい。

それこそ何回オイルをジョッキに入れてエンジンへ・・・というのを繰り返さないといけないかわからない。

ベストなサイズは2Lです。

オイルフィラーが奥にある車は1Lずつゆっくり入れれば3回程度で終わります。

おそらくこれから先バイクを買うことがあるかもしれない。バイクって原付サイズだと1L程度しかオイルは入らない。やっぱり2Lジョッキがベストです。

オイルジョッキはいろんなメーカーが出ていますが、コストと性能を考えると行き着くのがこのデイトナのフタ付きオイルジョッキになります。

実際にオイル交換をするときがきたら、この記事を追記していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)