MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ドレンパッキンについて

time 2015/01/13

ドレンパッキンについて

本日は自動車工学的なお話

packing1
パッキンについていってみましょう。

代表的なパッキンというものは、オイルのドレンボルトのパッキンですね。

その他、LLCのラジエターのドレンにもパッキンはついているし、
ブレーキホースにもパッキンがついています。

パッキンというものは、もれてはいけないものに対して使用するものですが、
原則として再使用は不可能です。

いろいろなドレンパッキンを持ってきたんでご紹介

packing2
まずはアルミ型

これはスズキとマツダとホンダがよく使用しています。

オイルのドレンボルトというのは、大体のメーカーが14mm~17mm程度の大きさを使っていますが

マツダは19mmです。スズキとホンダは17mm

マツダのドレンパッキンはオーバートルクで締め付けるとすぐに駄目になってしまいます。
原則的に再利用不可なんだけど、大体再利用しているひとがおおいでしょ?

マツダのパッキンは要注意

あと今のスズキもそうだけど、ホンダはオイルパンがアルミ製なので、
オーバートルクで締めるとすぐにネジ山が駄目になり、オイルパンを交換をしないといけない
はめになります。黒いオイルパンじゃなくて、銀色のアルミ製のオイルパンはとくに注意しようね。

続いて

packing3
周りが紙ですが、中が金属製のパッキン

これはトヨタ、ダイハツ系のパッキンですね。
紙で大丈夫?と思いますが、大丈夫なんですよね。これ。

トヨタもダイハツもドレンボルトは14mmです。

packing4
続いて銅形のパッキン

コレは日産系ですね。あと三菱やスバルもたまにコレを使っております。

日産のドレーンボルトは14mm。スバルも軽は14mmですね。三菱は大体17mm
スバルは普通車は17mmだったかな?

このパッキンのなかで特殊なもの

packing5
この立体的なパッキン

これは締め付けると平型パッキンになるんですが、これはマジで再利用しないほうがよい。
日産のサニーの純正はたしかこれだったと思った。日産車のほとんどがコレ。

スポンサードリンク

ブレーキホースのパッキンも銅ですね。

ラジエターのドレンコックはゴム

とまぁいろいろとパッキンがありますが、
本当は原則的に再利用不可能なんですよ。

一度使うとつぶれてしまうからね。

でも大半の人が再利用していますよね(笑)

たまにはパッキンも新品にしてあげようね。100円しないものもありますからね。

 

スバルの軽なんかパッキンを変えてもオイルが漏れてくるものがあるんですよ。
そういう場合はオイルパンを少しサンドペーパーで磨いてあげるんです。
そしてパッキンを新しくしてやると漏れがとまります。

一応さび止めでシャ-シブラックを吹いておくけどね。

パッキンがついているネジは、液体が通っているので、
目安にもなりますよ。

家の農機具のエンジンのドレンボルトがどこだかわからなかったけど
パッキンがついていたので

「あぁここだったのか」

と発見することもできました。
オイルを変えた際にはパッキンの脱落にも注意しましょうね。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ