パレット MK21S ブレーキパッド ブレーキローター交換

スズキ パレット
型式 MK21S

ブレーキパッドとブレーキローターの交換


パレットのブレーキパッドとローターの同時交換です。


まずはブレーキオイルのタンクからスポイトなどでブレーキオイルをちょっと抜き取っておきましょう


ブレーキローターとブレーキパッドを一気に交換するときはローターから交換するのがスムーズです


ブレーキキャリパーの取り付けをナックルから外します。17mm2本。
こちらは上側


下側の17mm

これでブレーキキャリパーはフリーなので、マイナスドライバーなどでローターとキャリパーの隙間をこじって
キャリパーを外します


ローターが錆びて段差がついていると、外れにくいですがこじれば外れます


ブレーキローターのサービスホールにネジを入れてローターをナックルからうかせる


ブレーキローターを外します


準備完了



新品のブレーキローターは、錆止めの油が塗ってあることがあるのでパーツクリーナーで洗浄してから組み付けます


新しいローターをナックルにセット


このままだとおそらくブレーキキャリパーがはまりません。
なんでかというと、ローターが新品で厚みを増しているからです。

なのでブレーキパッドも一緒に交換するときは、パッドを1枚キャリパーから外す


横にスライドさせれば外れます


これでキャリパーをナックルへ元に戻す。そしてここからブレーキパッドの交換に入ります


キャリパーの下のネジを外します


ブラケットに残っていたもう一枚のパッドを外す

新旧パッド


新しいパッドにシムなどを移植



パッドグリスを塗布してキャリパーに組み付けます


パッドをセットしたらピストンを縮めます


この車はインナーパッドのシムがキャリパーのピストンにハマるタイプなので、シムをまずは外す


ピストンを挟み込んで戻す


戻した状態


インナーのパッドシムをピストンに装着


あとはキャリパーを戻してキャリパーの下のネジを締める


完成

反対側も交換したら、ブレーキペダルを数回ポンピングして踏みしろがでるまであおります。

ペダルがカチッとしたら、ブレーキオイルをMAXまで補充。あとはあたりがつくまで静かに慣らしをすれば終わり

パレット MK21Sのブレーキパッドとブレーキローターの交換でした

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)