MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

パレット MK21S クーラント漏れ修理 ウォーターポンプ交換

time 2015/02/02

パレット MK21S クーラント漏れ修理 ウォーターポンプ交換

定期点検で入庫したスズキのパレット。型式がMK21Sですが、ウォーターポンプよりクーラント漏れが認められたので交換することになりました。

パレット ウォーターポンプ交換ご覧ください

当然最初はクーラントを抜いておきましょう。

palette-mk21s-wp1

作業をしやすいようにフロントバンパーをまずは取り外します。

palette-mk21s-wp2

パレットのフロントバンパーはクリップと10mmのボルトで取り付けられています

palette-mk21s-wp3

フロントバンパーを外したらこのような状態になります。続いて補機駆動ベルトを外します。

palette-mk21s-wp4

この車両はターボ付きなので、ウォーターポンプの交換は整備指数で3時間という設定になっています。工賃で2万円前後くらいかかる作業です。

palette-mk21s-wp5

 

エアコンのコンプレッサーをフリーにします。ガスのホースは繋げたままエンジンとの固定を外します

palette-mk21s-wp6

 

ウォーターポンプが漏れているのがわかりますね

palette-mk21s-wp7

エアコンコンプレッサーは12mmのボルト3本で固定されています。

palette-mk21s-wp8

 

コンプレッサーが外れました

palette-mk21s-wp9

 

作業の邪魔にならない所によけておきましょう。

palette-mk21s-wp0

 

続いて問題というか、最大の山場はここです。ターボのインテーク側のパイプが邪魔してウォーターポンプアッセンブリーのボルトが外せない。

だけど、ウォーターポンプを外さないとターボのパイプのボルトは抜けない構造になっている。どうするのかというと、ターボのパイプは2本で固定されています。手前のネジは隙間がないので抜けません。

スポンサードリンク

奥のネジは回すのがかなり難しいネジですが、回ってしまえば取り外せる。

つまり順序は手前のネジを緩めて奥のネジを外す。そして手前のネジを支点としてパイプをスライドさせて隙間を開けながらウォーターポンプのネジを外す。

という流れになるのです。知恵の輪です

palette-mk21s-wp11

 

僕はストレート形状の10mmの薄いメガネレンチを使ってネジを回しました。

palette-mk21s-wp12

 

じゃじゃ漏れのウォーターポンプ。配線やらを外しておく

palette-mk21s-wp13

真ん中のターボの配管の手前のネジが緩んでいます

ターボの配管の奥のネジを外して、手前のネジを支点にして円運動を描くように手前に動かします。そうすると長いエクステンションで12mmのウォーターポンプのネジが外せます。

palette-mk21s-wp16

ウォーターポンプにはウォーターパイプが2本刺さっているのでそれも外すと抜けます。

palette-mk21s-wp18

ポンプが外れた状態

palette-mk21s-wp19

ウォーターポンプアッセンブリー

今回とりつけるのはアイシン製のものです。9000円程度の商品です

palette-mk21s-wp20

ポンプはアッセンブリーで交換をオススメします

palette-mk21s-wp21

ポンプにはOリングが2つついてくるのでウォーターパイプのOリングをそれぞれ先に交換しておく

palette-mk21s-wp22

 

ウォーターポンプ自体にパッキンを取り付けてエンジンに取り付けます

palette-mk21s-wp23

ウォーターポンプをある程度の場所に納めたらターボのパイプを先に取り付けないとネジが入らなくなるので順番に注意

palette-mk21s-wp24

ターボのパイプが取り付いている状態でウォーターポンプの取り付けネジ4本を締める

palette-mk21s-wp25

このように長いエクステンションでパイプの隙間からネジをしめるのです。

palette-mk21s-wp26

あとは元に戻していけばいい。簡単です。山はターボのパイプの取り外しですね。

palette-mk21s-wp26

ベルトをかける。もしベルトも交換していなかったら一緒に交換したほうがいいですね。

どのみち外すものだから一緒に新品にするのが理想的

palette-mk21s-wp27

あとなめてはいけないのがクーラントのエア抜きです。この年代からスズキ車のクーラントのエア抜きはなかなか手ごわくなっています。今までのような感覚でエア抜きをすると確実にオーバーヒートを起こします。

こういったファンネルを使って地道にエア抜きをしてください。結構難しいですから

これでパレット MK21Sのウォーターポンプ交換は終わりですが、この年代のスズキ車全般にウォーターポンプがよく漏れる印象を受けます。もしみなさんの中でスズキ車に乗っている方がいたらウォーターポンプの点検をマメに行ってください。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ