手の汚れに効くピンク洗剤とそのコストパフォーマンス

お手手がなかなかに荒れまくってきました。

僕は整備を現在現場半分、事務所半分といった立場にいます。

しかし、ここにきて悲惨なほどタイヤ交換が入ってきたので、ひたすら現場でタイヤ交換をしていたらあっという間にお手手が真っ黒の荒れ荒れ状態。

手が荒れてくると、汚れが染み込んでそう簡単に落ちなくなります。現場で使っている洗剤はコストパフォーマンスの高いピンク洗剤。

知っていますか?ピンク洗剤。

これです。

各種メーカーからいろんな名前で売っていますが、ピンク色したクレンザーみたいなの。

6kg入って800円程度で買えてしまう安さ。

これで手をゴシゴシと洗うと汚れがよく落ちます。

初めてピンク洗剤を使ったのはガソリンスタンドでのアルバイトからですね。

スタンドでもピンク洗剤を使っていた。

でもこのピンク洗剤は余計な油分も取りがちなので、きちんとハンドクリームを塗ってやらないとすぐにヒビ荒れ状態になります。

ハンドクリームにこだわりはありません。安いのでも塗っておくとずいぶん違います。

特に現場と事務所を行ったり来たりしていると、一つの作業が終わったらすぐに手を洗っての繰り返しで1日になんども手を洗うので、すぐに荒れてしまいます。

冬の乾燥肌には要注意ですよ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)