プラッツ NCP12 ブレーキパッド交換

トヨタのプラッツです。
車検整備で入庫しましたが
ブレーキパッド交換をレポートします

c-log956-01
UA-NCP12
15年式

c-log956-02
一番最初にブレーキオイルを少し抜いておきましょう。

c-log956-03
では早速キャリパーの下のネジをはずします。周り止めをしないと
スライドピンも共回りしてしまうので、内側にスパナを当てておく

c-log956-04
ネジをはずしたら、キャリパーを上に持ち上げます

c-log956-05
続いて古いブレーキパッドを取り外します

c-log956-06
マイナスドライバーなどでこじって外します。

新しいブレーキパッドにシムなどを移植します

c-log956-07
内側のパッドには、インジケーターが着いているほうを装着します

c-log956-08
これで車両に組み付けます

c-log956-09
きちんと溝にはめないと脱落してしまうので注意

c-log956-10
飛び出たピストンをウォーターポンププライヤーなどで押さえつけて
キャリパーの中へ戻します。これを完全にもどさないと、
キャリパーが元の位置にはまりません

c-log956-11
キャリパーを戻したらネジを締めれば完了

c-log956-12
忘れずにネジを締めてください

反対側も交換したら、ブレーキペダルを数回ポンピングして踏みしろを出してください。
ふみしろがでたら、ブレーキオイルをMAXまで調整。

あとはパッドとローターのあたりをつけるためにゆっくりと走りましょう。
最初のうちはブレーキのききが非常に悪いので注意が必要です。

しばらくしてあたりがつけば正常なききにもどります

c-log956-13
ちなみに新しいパッドのパッド面は10,6mm

c-log956-14
古いパッドは2,3mmでした。


ここまで使えばもとは取っているね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)