プレオ エンジンかからない RA2 メインキーシリンダー交換

プレオ RA2

c-log1264-01
エンジンがかからないということで、診断したらキーシリンダーの故障でした。
まれにあるんですが、キーシリンダーの遊びが大きくなってしまい、イグニッションスイッチを
スタートの位置まで回しきれないという症状です。

診断方法は、イグニッションスイッチをキーシリンダーから取り外して、その状態でカプラーをつないで
スイッチ単体をドライバーで回してみる。この状態でセルモーターが回ればシリンダーがおかしい。

キーシリンダーを介すとエンジンがかからないということは、シリンダーの遊びが大きくて
スイッチを回しきれていないということ。ということで、

プレオのメインキーシリンダー交換をレポートします

念のためバッテリーのマイナスを外しておくことをお勧めします

c-log1264-02
コラムカバーを外します

c-log1264-03
下のカバーはクリップ2つ

c-log1264-04
コラムカバーのネジを外してカバーを外します

c-log1264-05
これで準備OK

c-log1264-06
続いてステアリングシャフトをボディから取り外す。
ステアリングシャフトを固定した状態じゃキーシリンダーのネジを回すのが困難だから
スペースを作るためです。

c-log1264-07
そしたらハンドルが下がりますので、この状態でアタックします。
キーシリンダーはネジ山がない、盗難防止用のネジです。これをどうやって回すかというと

c-log1264-08
ネジ山がありません。

c-log1264-09
このようにマイナスドライバーをネジに当てて、ハンマーで緩みの方向へネジにあてがったドライバーを
叩いていく。そうしたら緩んできます。これは技が必要。

c-log1264-11
一本ずつやります。一本完全に抜けたら

c-log1264-12
ダミーのネジを固定しておく。これにより、下のネジも外しやすくなります。

2本同時に外しにかかると、キーシリンダー自体が曲がって来るので、ネジが緩んでも軽くまわすことが出来ません。

c-log1264-13
2本とも外せたら、メインキーシリンダーをシャフトから外す。
この車両はCVTなので、ワイヤーがシリンダーへ接続されています。

c-log1264-14
次にワイヤーをシリンダーから外す

もう少し

c-log1264-15
イグニッションスイッチのカプラーとキー抜き忘れ防止のカプラーを外す

c-log1264-16
このワイヤーはいわゆるシフトロックのワイヤー

c-log1264-17
ワイヤーを外す

c-log1264-18-1
これで新品のキーシリンダーへ移植。12500円

c-log1264-19
逆の作業で組んでいき

c-log1264-20
きちんとした位置に取り付けたら、ロックのネジを締めます。
この盗難防止のネジは頭が8mmです。2本を少しずつ均等にしめていき、最後に思い切りしめこむと

ねじ山の部分だけが綺麗に落ちて、ネジ山が残らないようになります

c-log1264-21
これで容易にシリンダーを外せないようにしてあるのです。

あとは元に戻すだけ

c-log1264-22
当然ですが、ドアの鍵とメインの鍵は違ってしまいますので注意が必要です。

それが嫌な場合は全てのキーシリンダーを交換すること。キーシリンダーセットというものもあります

プレオのRA2のメインキーシリンダー交換でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)