MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

プレオ オイル漏れ修理 CVT脱着 リヤクランクオイルシール交換 クランクベアリングキャップシール交換

time 2016/09/09

プレオ オイル漏れ修理 CVT脱着 リヤクランクオイルシール交換 クランクベアリングキャップシール交換

プレオです。RA2という型式。
スーパーチャージャーとABSを搭載したCVTのモデルです。
昔この車のオイル漏れがひどくて、ボクがヘッドガスケットを交換した。

またオイルが漏れてくるということで、診断したらRクランク付近だった。オーナーの了解を得て
ミッションを降ろすことになりました。

プレオのCVT降ろしです。

c-log1115-01
プレオ。RA2。このスバルの軽のエンジンは、サンバーと同じ4気筒ですが、
このエンジンとミッションとのつなぎ目のオイル漏れが結構あります。
Rクランクのシールと、クランクのベアリングキャップシールのどちらかが怪しくなる。今回は両方修理することに。

c-log1115-02
さくさく紹介。まずはバッテリーを外す。台座ごと。そのあとクーラントを抜いてラジエターを降ろす。

ちなみにラジエターにはCVTオイルクーラーが装着されていますが、ラジエター側のホースで外さなくて
ミッション側で外したほうが楽です。
ラジエターのロアホースもエンジン側で外しましょう

c-log1115-03
それでこんな状態。上でできる作業は全部終わらせてエンジンをハンガーでつる。
シフトワイヤーを外したり、セルモーターとミッションのボルトを外したり、マウントの2箇所外す。
マウントを降ろしても下のメンバーがあるので、ミッションは下がらないので、それほど気を使う必要はありません

c-log1115-04
配線も大きいカプラー2箇所くらいかな

c-log1115-05
エンジンを吊っておく。下のメンバーをはずしてしまえば、エンジンを支えるものは
1箇所のマウントだけになってしまうからです。

c-log1115-06
続いて、左右のドライブシャフトをナックルごと外す。メンバーを降ろす必要があるからです。
ステアリングラックは車両側についているので大丈夫

マフラーも中間パイプを外す。プロペラシャフトもフロント部分で分岐して外す。
シャフトを外すとCVTオイルが漏れてくるので本当はオイルを抜いたほうがいい。

ボクはサンバーのクロスジョイントをはめておきました。

c-log1115-07
フロントのスタビライザーを外して、センターメンバーを取り外す

c-log1115-08
これで車両からサスペンションメンバーを外す。これを外すとエンジンとミッションはハンガーで支えているようなものだから気をつけること。

c-log1115-09
続いてミッションとエンジンの結合部分を外していく。スピードメーターワイヤーは下からのほうが外しやすい。

c-log1115-10
クランクを回しながらリングギヤとトルコンの固定ボルト3本を外す。サービスホールがあります

あとはミッションを降ろすだけ

c-log1115-11
果たしてこんなクリアランスで落ちるのかと思ったけれど大丈夫。
CVTはミッションだけで降ろせます

c-log1115-12
続いてリングギヤを外して、リヤクランクの交換にうつります。
クランクベアリングキャップシールも交換するからオイルパンを剥がす

c-log1115-13
じゃーん。リヤクランク漏れ漏れです。ミッションを降ろしたかいがあった。

これでほぼ折り返し

c-log1115-14
オイルシールとベアリングキャップシールの交換に入ります

c-log1115-15
CVT。トルコンに印をしたのはサービスホールからネジの部分を推測しやすくするため

c-log1115-16
クランクのベアリングキャップを外す。ここにもオイルシールがあって、へたってくるとミッションとのつぎめから
もれてくるんです

c-log1115-17
この黒い紐みたいなものがベアリングキャップシール

c-log1115-18
メタルも状態はかなり良くない。だけど交換するわけではないので仕方がない

c-log1115-19
新品のシール

c-log1115-20
リヤクランクのシールは先にはめておく

c-log1115-21
続いてクランクメタルの表面にオイルを塗布して、規定トルクで締め付ける。
そして隙間から液体ガスケットを塗布したベアリングキャップシールを差し込む。

クランクのベアリングキャップの締め付けトルクはは確か

4.0kgf・m+-0.3kgf だったと思います。

c-log1115-22
オイルパンを掃除して、液体ガスケットを塗る


c-log1115-23
オイルパンを取り付ける

c-log1115-24
あとは組みつけていく

c-log1115-25
ミッションを搭載

c-log1115-26
足回りをもどす

c-log1115-27
オイル・クーラント・CVTオイルを入れて、エア抜き。テスト走行して洗車して終わり

プレオのオイル漏れ修理でした。

sponsored link

コメント

  • スバルメカニックの間では棒シールと言っているやつです。
    私が以前所有していたヴィヴィオも漏れたので後輩が車検のついでに
    交換してくれましたが、ミッションとエンジンの嵌合が悪いのか
    センター出しが甘かったのか2万キロも経たずにCVTのメインシャフトから
    ガラガラ音が出てサービスチーフより「死亡!!!」と宣告されました。

    by 元スバルの糞メカニック €2016年9月13日 21:27

    • 今でも通称棒シールと呼んでいます(笑)

      by MHO €2016年9月20日 22:30

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ