MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

プレオ RV2 パワーウインドウメインスイッチ交換

time 2015/02/04

プレオ RV2 パワーウインドウメインスイッチ交換

スバルのプレオですが、パワーウインドウの調子が悪いということで入庫。

pleo-rv2-power-window-sw1

症状を見てみたら、スイッチが内部で折れている模様。パワーウインドウスイッチを交換することになりました。

このプレオのパワーウインドウスイッチの交換は楽チンです。ドアの内張りを剥がす必要がありませんから。

pleo-rv2-power-window-sw2

運転席のメインスイッチです。

pleo-rv2-power-window-sw3

パワーウインドウスイッチを車体から外します。内張り剥がしなどで、後ろ側をこじってあげる。

pleo-rv2-power-window-sw4

そうするとこのように浮いてきます。

pleo-rv2-power-window-sw5

後ろが浮いたら前側を真上に抜く。前側にクリップが取り付けられています。

pleo-rv2-power-window-sw6

カプラーを外して車体からパワーウインドウのスイッチを外します。

pleo-rv2-power-window-sw7

カプラーを傷つけないように

pleo-rv2-power-window-sw8

新品のパワーウインドウスイッチ

該当部品はこれですね。純正だと8000円近くします。社外品は安い。

pleo-rv2-power-window-sw9

新品のスイッチにカバーなどを移植します。

pleo-rv2-power-window-sw10

プラスネジ2本で外せます。

pleo-rv2-power-window-sw11

移植が完了しました。これより車体に戻します。

 

スポンサードリンク

 

簡単です。

pleo-rv2-power-window-sw12

 

あとはカプラーを繋げてはめるだけ

pleo-rv2-power-window-sw13

かちっと

pleo-rv2-power-window-sw14

完了。

このプレオのスイッチは長く使ってくると内部が磨耗して、手応えがなくなってきます。そうなるとスイッチの位置がどうなってるのかがわからなくなる。

仮に上げっぱなしの状態で固定されてしまうと、モーターに負担がかかってモーターを壊してしまいます。なので早めに修理する必要があるんです。

使う工具はこういった内張り剥がしとプラスドライバーだけ。

整備工場に修理を依頼するとスイッチは純正の定価でさらに工賃がかかって1万円くらいの出費になりますが、ネットで部品を注文して自分で交換すると3000円もしないのです。

ぜひお試しください。

 

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ