MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

プレオ スーパーチャージャー CVT タイミングベルト交換

time 2015/10/06

プレオ スーパーチャージャー CVT タイミングベルト交換

車検で預かったスバルのプレオ
スーパーチャージャー搭載車のCVT。
タイミングベルトカバー内からのオイル漏れが激しいので
6万キロ走行ながら、タイミングベルトと各オイルシール
ウォーターポンプを交換することになりました。

c-log794-01
プレオのスーパーチャージャ、CVT車のタイミングベルト交換。

c-log794-02
まずはクーラントを抜きながら作業をしやすいようにフロントバンパーを外します。
10mmのネジ8本とナット2本、あとはクリップのみではまっています。
これで作業しやすい。フロントバンパーを外さないとスロットル廻りを外せないからです。

c-log794-03
そしたら、エアクリーナーBOXとスロットルを外します。
10mm2本と12mm一本で止まっています。
アクセルワイヤーをはずして
スーパーチャージャーからくるエアダクトを外して、ウォーターホースなどを外す。

これでかなりエンジンが見えるようになってきたのでやりやすい。

c-log794-04
それでこの状態。
補機ベルトを外します。パワステとスーチャーベルト、オルタネーターとエアコンベルト。
オルタネーターとエアコンベルトに関しては、テンショナーのステーを外さないと抜けません。
ステーの内側をベルトがかかっているため。12mmのネジ3本を外してください。

c-log794-05
これでクランクプーリーのネジ17mmを外して、タイベルカバーを外します。
たしか10mm6本で止まっています。一本はレベルゲージガイドも共締め。
ゲージガイドも引っこ抜きましょう。

c-log794-06
はいこんにちは。圧縮上死点を出して、カムスプロケットのネジ12mm3本を緩めます。
緩めたら、テンショナーのネジを緩めてタイミングベルトを外してください。

c-log794-07
カムスプロケットを外したら、テンショナーも外してカムスプロケットの裏側のタイベルカバーを10mmのネジ
3本を外して外します。これでカムシールが現れるので打ち換え。

ちなみにクランクのスプロケットに関してはクランク角センサーがひっかかるので
上死点マークよりちょっと動かして、抜けるところで抜きましょう。

c-log794-08
これでカムとクランクのオイルシールを打ち換え。

終わったらウォーターポンプのネジ12mmを6本外します。
クーラントが出てくるので受け皿を用意してください。

c-log794-09
ウォーターポンプですが、裏側にバイパスのホースがとまってるので
そのクランプを外して引っこ抜きます。新品に交換時、これがなかなかはめにくい
ボクは新品のクランプを広げた状態にしておくステーをつくり、そのステーに針金をつけておきました。
そんでもってクランプが規定の位置に収まったら針金を抜いて組みつけたんですよ。

c-log794-10
この部分がバイパスホースとつながっています。

c-log794-11
あとは組み替えるだけ。最後にきちんとカムスプロケットのネジなどの締め忘れがないように。

c-log794-12
カムの合いマーク

c-log794-13
クランクの合いマーク

といってもこのエンジンはタイミングベルトにきちんとマークが付いていて、
ソレをあわせるだけなので間違えようがない。簡単

最後に元通りにしてクーラントのエア抜きをして完了

以上がプレオのタイミングベルト、ウォーターポンプの交換でした。

さほど難しくはありません。オルタネーターベルトは溝がずれやすいからエンジンをかけた後きちんと溝がはまっているか確認しましょうね。

社外品ならお安いです

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ