ポロ エアバッグ警告灯点灯の原因はエアバッグキャンセルスイッチ 6RCBZ

VWのポロです。ここのところ多くなってきた故障があるので、ちょっと記事にしてみます。

型式がDBA-6RCBZというものです。

同じ年代のポロでも数台同じ故障がありました。

それはエアバッグの警告灯が点灯してしまうもの。

当然エアバッグ警告灯が点灯していたら、車検には通らなくなるので修理が必要です。

このポロですが、助手席エアバッグにリコールが出ていて、インフレーターはその時に交換しています。同じく他のポロも同様です。

国産車には見かけませんが、外国車の多くはエアバッグキャンセルスイッチがあります。

グローブボックスの中にあります。

チャイルドシートを装着する際などにキャンセルさせることができるスイッチです。

日本と違って、欧州では助手席にチャイルドシートを装着することがままあります。その際にキャンセルするもの。

このエアバッグキースイッチがよく壊れる。

壊れたら交換をしないとダメです。

作業は簡単ですが、部品代が高い。

13000円ちょっとします。ここに工賃が入ってくるので、17000円弱位。

もし、エアバッグランプが点いてしまったら疑ってみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. モリ より:

    はじめまして.

    私も同じ故障を二度ほど.

    流石に二度目はヤフオク!で中古品を三千円ほどで落として自分で装着しましたがピンピンしています!