ポロ バックドアが開かない 修理

ポロです。
バックドアが開かなくなったということで入庫

c-log1176-01
ポロ バックドア開かない故障

試してみたら、確かにまったく開きません。とりあえず何とかして開けてからじゃないと・・

c-log1176-02
車内からハッチを見てみると、なにやら怪しげな穴が・・

c-log1176-03
どうやらここにマイナスを突っ込んでレバーのようなものを上に上げれば
エマージェンシーでバックドアを開けることが出来るらしい。良かった

c-log1176-04
とりあえずハッチをあけて内張りを剥がしてみました。

観察すると、バックドアのアウターハンドルはリンケージを動かして機械的にハッチをあける方式ではなくて、
バックドアのアウターハンドルでスイッチを操作して、モーターでハッチを開ける方式の模様。
うーむ怪しいところが満載だ。

c-log1176-05
まずはスイッチのほうから点検に入ります。スイッチにつながるカプラーを直結してみる作戦
スイッチが壊れているのなら、こいつを直結すればーモーターが動くはずである

c-log1176-06
カチっと

!!

動きました。ええ?動くじゃん。どうもスイッチがうまく機能していないみたい。

さらに疑い深い僕はスイッチを取り外すことに

c-log1176-07
これがバックドアハンドルのスイッチになります。バックドアのアウターハンドルを操作すると
こいつのスイッチを機械的に押したり離したりする。そしてモーターを動かすといった仕組み

サーキットテスターでスイッチONとOFFのときの導通を調べてみると

ばっちり導通している。
スイッチは壊れていない

ええ?じゃあなんで開かないのだ?

ということで、さらに観察

c-log1176-08
アウターハンドル動かさない

c-log1176-09
動かす

全く変化していないようですが、どうやらスイッチを操作しきれていない模様

c-log1176-10
これがスイッチ部になりますが、耳を澄ますと、ON、OFFのカチッという音が聞こえる。

車両につけた状態で試すと、やはりアウターハンドルではスイッチを動作仕切れて居ない。
考えられるのは、スイッチの当たり面が減ってきているか、アウターハンドルが減ってきているか。
それか、操作を繰り返すことによって、スイッチの固定自体に若干のクリアランスができているか。

いずれにしてもスイッチが壊れていないということなので、調整してアウターハンドルがスイッチをON、OFFしきれるようにして直しました。

直すとしたら、アウターハンドルとスイッチを一緒に交換するのが望ましいと思います。

ポロのバックドアが開かない修理でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. サンバーTT2 より:

    昔ながらのワイヤー式なら、故障診断とても分かりやすいのに…。
    なんでもかんでも電気式って、自分的には好きになれません…。
    まっ、時代の流れには、逆らえませんけどねぇ…。