MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

ポロ オイル漏れ修理 オイルパン脱着 ブローバイケースOリング交換

time 2016/08/15

ワーゲンポロです。
オイル漏れが酷いので修理に踏み切りました

c-log1092-01
ポロ オイル漏れ修理

このポロのオイル漏れの部分はオイルパンとブローバイケースらしき部分から
その2点を修理することになりました

c-log1092-02
オイルパンはシーリングをして直す。まずはフロントパイプのネジを外す。17mm4本。
これである程度マフラーが下がる。マフラーハンガー2つも外すと結構下がる。
O2センサーの配線は長いので抜かなくても大丈夫

当然オイルは抜きます

c-log1092-03
オイルパンを外すにはドライブシャフトもミッションからフリーにする必要が有るので、ネジをはずす。
Wヘキサゴンレンチ。ボクは持っていないので6角レンチを使いました。でも舐める可能性大。
ネジも注文しておいたほうがいい。1本190円。6本使っています

c-log1092-04
外れたドライブシャフト。邪魔にならないところにおいておく

c-log1092-05
続いてオイルパンのネジに固定されているハーネスのカバーを外す。引っ張れば取れる。これでオイルパンのネジにたどり着ける。
これも6角

c-log1092-06
ミッションケースのサービスカバーも外す
11mm2本でした

c-log1092-07
これでオイルパンをこじると外れる

c-log1092-08
外れたオイルパン。液体シーリングをやり直す

c-log1092-09
オイル漏れはココだけではない。次に進む

c-log1092-10
エンジンバルクヘッド側にシリンダーブロックにネジ止めされているプラスチックのケースがあります
ここからもオイルがもれている。このケースからエアクリーナーBOXへホースがつながっている

c-log1092-11
まずはそのホースを抜いておく

c-log1092-12
下から見た図。このプラスチックのケースは3本のビスで留まっている。これも6角。

 

このケースにOリングが2つ使われている

c-log1092-13
外れた図。オイルが漏れている

c-log1092-14
Oリング2つ

c-log1092-15
新しいOリングをセットする

c-log1092-16
ちなみにケースが外れたエンジンブロックの図

c-log1092-17
ケースを取り付けたら、オイルパンを洗浄して液体ガスケットを塗布

c-log1092-18
合体

c-log1092-19
あとは組み込んで終わり。液体シーリングが乾くまでオイルはいれないこと

ポロのオイル漏れ修理でした。

c-log1092-20
Oリングは720円と350円です。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ