VWポロ エンジン始動性悪化 水温センサー交換

ポロです。
エンジンの始動性が悪くなってきた。ということと、水温計の動きが変なときがある。
という2点を直すために水温センサーを交換しました

c-log1088-01
VWポロ 水温センサー交換

c-log1088-02
まずはエアクリーナーBOXも兼ねているエンジンカバーを外す

c-log1088-03
で、水温センサーがどこについているのかというと、ラジエターアッパーホースの接続先の
プラスチックの部分です。エンジン側。

c-log1088-04
水温センサ。まずはカプラーを外す

c-log1088-05
ちょっと固いカプラー

c-log1088-06
カプラーを外したら、水温センサーを抑えているプラスチックの楔を抜く。
プライヤーなどで引っこ抜けます

c-log1088-07
楔を抜いたら、水温センサーを押さえているものは何もないので、引っ張れば外れます。
ただ、その時冷却水が出てくるので注意

c-log1088-08
流れ出るクーラント

c-log1088-09
新しいセンサーとOリング

c-log1088-10
Oリングをはめて準備完了

あとは簡単

c-log1088-11
新しいセンサーを装着したら、楔をはめます

c-log1088-12
楔を奥までいれる

c-log1088-13
そしてカプラーをはめる

c-log1088-14
これで完成。

あとはクーラントを補充して水温計がきちんとうごくか、それとヒーターが効くかを確認して終了

ポロの水温センサー交換でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする