エアコンランプが点滅してエアコンが効かない?プレミオのエアコン修理

夏が終わるまではずーっと続くエアコン修理の依頼。今日も入ってきました。

車はコロナプレミオです。

型式はUA-ZZT245

エアコンのランプが点滅して、まったく効かなかったということです。

入庫して現車を確認すると、今はバッチリと聞いています。

エアコンのスイッチをON・OFF繰り返すと症状が再現できました。

エアコンランプが点滅しているときは、コンプレッサーがONになっていない模様。この年代のトヨタ車はエアコンシステムに異常があると、エアコンのインジケーターランプを点滅させて教えてくれます。

ダイアグノーシスも入るのかわかりませんが、うちの診断機では読み取れませんでした。

なので、一つ一つ点検します。とりあえずエアコンが正常に効いてるときにゲージマニホールドを接続して圧力をみるとさほど異常は見当たらない。

では、コンプレッサーがONになっていないときを再現するとどうか?スイッチを連打したりすると、たまに症状が再現します。この時点で8割くらい原因は特定できていますけど・・

順番に調べていくと、コンプレッサーがONになっていないときは、コンプレッサーに電源が入っていない。

先ほどゲージマニホールドを接続したときに、圧力に異常がなかったので高圧のカットはとりあえず除外。

ということで行き着いたのがこの部品。

エンジンルームのバッテリー側にあるヒューズボックス。

マグネットクラッチのリレーです。一番左上のリレーです。

リレーを抜いて電源回路に12Vを与えても反応しないときあり。当然このときはコンプレッサーに電気がいきません。

ということでリレー単体点検の結果、リレーがONにならないときがあるので交換に踏み切りました。部品は3000円くらいです。

こちらがリレーの品番。

リレーを付け替えて、様子をみると症状が完全に直りました。今回の犯人はリレーで間違いありませんでした。

知り合いの電装屋さんに聞いたら、コンプレッサーがダメになったりサーボモーターに異常がでてもエアコンのインジケーターランプを点滅させるそうです。

まだまだエアコン修理の夏は続く・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. M より:

    エアコンの点検って簡易点検しかできないのでマニホールドゲージの見かたとか良否判断について紹介して頂けませんか?適正圧力とか圧力がどのような時コンプレッサーが不良だとかエキパンのつまりなど・・・教えてください!