MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

プロボックス ブレーキパッド交換 NCP55

time 2015/03/16

プロボックス ブレーキパッド交換 NCP55

probox-ncp55-keyless1

 

トヨタのプロボックスです。ブレーキパッドを交換しました。

probox-ncp55-brakepad1

まずはブレーキオイルのタンクからスポイトなどでブレーキオイルを少し抜いておきましょう。

probox-ncp55-brakepad2

 

フロントがディスクブレーキです。リヤはドラムブレーキです。

probox-ncp55-brakepad3

12mmのメガネ類と、14mmのスパナが必要です。

probox-ncp55-brakepad4

スパナをまわり止めにして、12mmのボルトを緩めます。

probox-ncp55-brakepad5

ネジを抜きます。

probox-ncp55-brakepad6

ネジを抜いたら、ブレーキキャリパーを上へ円を描くように持ち上げます。

probox-ncp55-brakepad7

そしてこのような図になります。

probox-ncp55-brakepad8

古いブレーキパッドをマイナスドライバーなどでこじって取り外します。

内側と外側です。

probox-ncp55-brakepad9

ブレーキパッドを外した状態です。

probox-ncp55-brakepad10

今回用意したブレーキパッドはアケボノ製。

アケボノはF1にもブレーキパッドを供給したメーカーなのです。

probox-ncp55-brakepad11

アケボノのブレーキパッド。

probox-ncp55-brakepad12

古いブレーキパッドから鳴き止めのシムを移植します。純正のブレーキパッドを注文すると、シムも付属してきます。このシムだけで部品も取ることができます。

probox-ncp55-brakepad13

ブレーキパッドグリスはワコーズのもの。

probox-ncp55-brakepad14

シムをつける部分に薄くグリスを塗布します。

probox-ncp55-brakepad15

シムをグリスに貼り付けるような感じです。

probox-ncp55-brakepad16

シムをセットしたら、今度はシムとキャリパーが接触する部分にもブレーキパッドグリスを塗る。

probox-ncp55-brakepad17

薄くてOK

probox-ncp55-brakepad18

こんな感じです。ちなみに、ブレーキパッドインジケーターの金具が2つついていればいいんですが、ついていない場合は運転席側の内側にセットするようにしましょう。

そうすると、パッドが減ってきたときにインジケーターの音が聞こえやすい。

probox-ncp55-brakepad19

ブレーキキャリパーの飛び出たピストンを挟み込んで戻します。

probox-ncp55-brakepad20

この時にピストンがすんなり戻らない場合はピストンが固着している可能性があります。逆にピストンを戻したときにゴムのブーツからブレーキオイルが出てきたら漏れています。どちらの場合でもキャリパーのOHが必要になります。

probox-ncp55-brakepad21

続いてスライドピンを点検します。

probox-ncp55-brakepad22

キャリパーをブラケットから外します。この時スムーズに動かない時はスライドピンを綺麗に磨いて給油する必要が有ります。スライドピンがきちんと動かないとブレーキパッドが片減りする原因になります。

probox-ncp55-brakepad23

これもダストブーツに穴があいて水が入っていたりすると錆びて固着します。今回は問題ありませんでした。

probox-ncp55-brakepad24

スライドピンなどにはラバーグリスがオススメ。

probox-ncp55-brakepad25

キャリパーの下のネジも点検。

probox-ncp55-brakepad26

手で引っ張って伸びれば問題なし。固着している場合は動きません。

probox-ncp55-brakepad27

新しいブレーキパッドをブラケットに取り付けます。

probox-ncp55-brakepad28

内側もセットします。

probox-ncp55-brakepad29

セットしたら、キャリパーを元にかぶせます。

probox-ncp55-brakepad30

この時ブレーキキャリパーが元の位置まで戻らない場合は、ピストンを完全に戻していないか、ブレーキパッドがおさまりきれていないかのどちらかになります。

probox-ncp55-brakepad31

ネジを締めます。

probox-ncp55-brakepad32

これでブレーキパッドの交換は終わり。

反対側のブレーキパッドも交換したら、ブレーキペダルを何度かポンピングします。ピストンが戻っている分、床まで踏み込めますが、何回かポンピングすると踏みしろがでます。

踏みしろが出たらブレーキオイルのタンクにブレーキオイルをMAXまで補充。

あとはゆっくり走ってブレーキパッドの当たりをつけます。最初はブレーキの効きが本当に甘いので注意しましょう。

プロボックス NCP55のブレーキパッド交換でした。

 

sponsored link

コメント

  • いつも見させてもらっています。
    当方エスティマTCRでは、曙ブレーキ純正パットは初期制動が滑る感じがしたので日清紡の一番安いパットにしました。それからは曙ブレーキは使ってないですが、F1に使われていたと言うことなので、次は使ってみようかな。
    ワコーズのブレーキプロテクター欲しい。スプレータイプはありますが、チューブはどうしても手が出なくアストロのシリコンです。

    by JIN €2015年3月16日 05:52

    • アケボノブレーキパッドはメルセデスにF1でブレーキパッド供給していると、WEBか雑誌で知りました。
      ワコーズのブレーキプロテクターは確かに高いですよね。僕もプライベートでは違うパッドグリスを使っていますが、ワコーズのものはやはり製品がいいですね。

      by MHO €2015年3月16日 19:43

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

最近のコメント

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ