プロボックス ボンネットオープナーケーブル交換

たまに起こることなんですよ。
何気なく、さあ仕事をするか!と車をリフトに入れてボンネットを開けようとした瞬間・・

「スカッ」

と、ボンネットオープナーを引っ張っても手ごたえがない。
そうなんです。ワイヤーが切れちゃってるんです。

ということで、プロボックスのボンネットオープナーのワイヤー交換レポート

c-log1156-01
プロボックス ボンネットオープナーのワイヤー交換

このエンジンルームがあけられないというのが割りと曲者でして、
今回のケースではグリルの隙間から工具を入れて、テコの原理でオープナーを直接あけました。
トヨタマークに隙間があってよかった。ほっ

c-log1156-02
とりあえずボンネットをなんとかして開けるしかないですからね。
そんなわけでワイヤー交換ここからスタート。

ボンネットのキャッチは10mm3本で止まっています。はずした方が作業はスムーズ

c-log1156-03
グリルの横からワイヤーを外そうと思ったけれどやりにくい。キャッチをはずした方が早い

c-log1156-04
外したボンネットのキャッチ
ワイヤーを外します

c-log1156-05
新品のワイヤー

c-log1156-06
古いワイヤーをガイドに通していきます

c-log1156-07
新しいワイヤーをキャッチにつなげる。ここから古いワイヤーと同じ取り回ししていきます

簡単です
c-log1156-08
ワイヤーはフェンダーライナーの内側を通っています

c-log1156-09
ウォッシャーのホースと一緒に固定されています

c-log1156-10
ライナーの中から室内へワイヤーが入っていきます

c-log1156-11
足元のパネルを外す。この辺からワイヤーが出てきます

c-log1156-12
出てきたワイヤーをオープナーのレバーにつなげる

c-log1156-13
取り付けたらきちんとワイヤーが動作するかを確認してからボンネットを閉めましょう

あとは元に戻すだけ。

プロボックスのボンネットオープナーのワイヤー交換でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. たか より:

    レバー引いてスカッとなると、えーっってなりますね~(^_^;)
    私もワイヤーが錆びて切れて焦りましたが、グリルから覗いたら、キャッチのボルト見えたんで、キャッチ外して開けました~(^_^;)