MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

パワステオイルを交換してみよう

time 2015/02/14

パワステオイルを交換してみよう

パワステオイルを交換する。車にはいろいろな油脂が使われています。
エンジンオイル、ミッションオイル(ATF)、デフオイル、ブレーキオイル、パワステオイルスーパーチャージャーオイル、エアコンコンプレッサーオイル(ガスの中に封入)、CVTフルード

ps-oil-change1

この中でメジャーに交換がなされるのは
エンジンオイル、ブレーキオイルの2つでしょう。もう少し掘り下げればATFはガソリンスタンドなどでは販促アイテムとして交換をよく行っているみたい。デフオイルは整備工場では結構変えられます。
スーパーチャージャーにはオイルが使われていることを知らない人が結構います。でも
ギヤオイルが使われています。

ということは、この中で一番交換がおろそかにされがちなのがパワステオイルではないでしょうか?
実際に整備工場に勤めていても、お客さんからパワステオイルの交換をリクエストされたことはありません。
パワステオイルなんか交換しなくていいものとして定着をしているところがあります。
でもパワステオイルというのはかなりの高圧力にさらされています。パワステオイルも換えたほうがいいんです。
パワステオイルですが、ATFと同じものを使っているメーカーもありますが、基本は違うのでパワステオイルはパワステオイルを使ってください。
自動車のブレーキと同じくらい大切な部分。舵取り装置のオイルです。軽く考えないで
交換するに越したことはありません。MHOは自分の家の油圧パワステ車は3~4万キロで一度換えるようにしてます。

ps-oil-change2

パワステオイルの交換はとても簡単。新しいオイルを1リットル買ってきます。
そして、1リットルのペットボトルの空瓶を用意。さらにちょっと強力な大きいスポイト。これだけ。

エンジンを止めて、パワステタンクに入っているフルードを出来るだけスポイトで抜きます。
そして抜いた分だけ新油を入れます。新油を入れたらエンジンをかけて、ハンドルを左右に何回もスエギリします。

スポンサードリンク

ある程度行ったらエンジンをとめてまたタンクのオイルを抜く。そして新油を入れる。そしてスエギリ。
また抜く。この繰り返しをしているとパワステオイルがどんどんと綺麗になっていくのです。
これだけで簡単に交換ができます。神経質な人はリターンホースを抜いてエンジンをかけてオイルを排出させてホースをつないでまた新油を入れてエア抜きという方法もありますが、オイルが漏れるし汚れます。
新油を混ぜて交換するほうが簡単で安全。こっちがおすすめ。

昔初代ソアラで、エンジンが冷えているときに異音がする車があった。原因を突き止めていくとパワステポンプでした。パワステオイルを綺麗にすると音が止まったんですよ。
パワステオイルは殆ど交換されないオイルだけに、たまには交換してください。異音の原因にもなります。
パワステオイルの交換はとても簡単なので是非トライしてみてくださいね。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ