パワステオイルの超簡単交換方法!スポイトとオイルとペットボトルでOK

まず宣言しましょう。
車に使われている油脂の中で一番簡単に交換できるものそれはパワステオイルだと(笑)

といっても厳密に全交換ではありませんよ。

spr-20-02
まずは自分の車に適合するパワステオイルを購入1リットルくらいでいいでしょう。
ちなみに外車とホンダは汎用のフルードは駄目。
このパワステオイルはホンダもいいとのこと。

spr-20-03
そして100円ショップでスポイトを買って、空の500mlのペットボトルを2本用意。

1リットルのペットボトル1本でもよいですよ。

そしたらエンジンをかけておいて

spr-20-04
パワステオイルのタンクの蓋を開けます。

spr-20-05
で、パワステオイルをエンジンをかけた状態で吸い取ります。
LOW付近までね。LOWを下回らないように抜きましょう

spr-20-06
汚い。5年4万キロ無交換でした。

そしたら吸った廃油は空のペットボトルに入れて

spr-20-07

新しいオイルを吸い取ります

spr-20-08
そして新油を注入

spr-20-09
そしたらハンドルを左右に一杯何度か切ってください。

そうしたらまたタンクのオイルを抜いて

抜いた分新油を入れてハンドルを切って抜く。

この繰り返しで少しずつオイルを入れ替えてきれいにしてきます。
1リットル終わるくらいやればまぁまぁいいんじゃないでしょうか。

パワステのリターンのホースを抜いて一気にオイルを抜くという方法もありますが、汚くなるしこの方法が一番お手軽に汚れないでできるからお勧め。

spr-20-01
ちなみに右が1回目満タンになった廃油
そして左が2本目の廃油。

少しずつ色がきれいになってきますね。

神経質な人はこれを2,3リットル繰り返せばオイルは殆ど新油状態になると思います。

てなわけでパワステオイル交換でした。

どーですか?まさに一番簡単に交換できる油脂でしょう?
下にもぐる必要も何もなし。しかもパワステはかなりの高圧にさらされて

実はかなり劣化しやすいオイルなんですよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする