MHO ENGINEERING

現役整備士が運営する自動車総合サイト

簡単!パワステオイル交換方法

time 2015/05/17

簡単!パワステオイル交換方法

本日はあまり交換する人はいないと思う
パワステフルードの
交換をしてみました。

c-log569-01
車両はステップワゴンRF3
K20A搭載のモデルです。

と、いってもまぁパワステオイルの交換なんか
どの車のやり方も同じだから参考にしてね。

今回行った方法は一番手軽で簡単でお金がかからないし
汚れないぜ。

c-log569-02
まずは自分の車に適合するパワステオイルを購入
1リットルくらいでいいでしょう。

c-log569-03
そして100円ショップでスポイトを買って、
空の500mlのペットボトルを2本用意。

1リットルのペットボトル1本でもよいですよ。

そしたらエンジンをかけておいて

c-log569-04
パワステオイルのタンクの蓋を開けます。

c-log569-05
で、パワステオイルをエンジンをかけた状態で
吸い取ります。
LOW付近までね。LOWを下回らないように抜きましょう

c-log569-06
汚い。5年4万キロ無交換でした。

そしたら吸った廃油は空のペットボトルに入れて

c-log569-07

新しいオイルを吸い取ります

c-log569-08
そして新油を注入

c-log569-09
そしたらハンドルを左右に一杯何度か切ってください。

そうしたらまたタンクのオイルを抜いて

抜いた分新油を入れてハンドルを切って抜く。

この繰り返しで少しずつオイルを入れ替えてきれいにしてきます。
1リットル終わるくらいやればまぁまぁいいんじゃないでしょうか。

パワステのリターンのホースを抜いて一気にオイルを抜くという
方法もありますが、汚くなるし

この方法が一番お手軽に汚れないでできるからお勧め。
誰だってできるよ。これなら

c-log569-10
ちなみに右が1回目満タンになった廃油
そして左が2本目の廃油。

少しずつ色がきれいになってきますね。

神経質な人はこれを2,3リットル繰り返せばオイルは殆ど
新油状態になると思います。

てなわけでパワステオイル交換でした。

あまりパワステオイルを交換しないでいると、ハンドルを切った時にジャダーを感じることが出てきますので、たまには交換するのがいいですね。

sponsored link

down

コメントする





サイト管理人

MHO

MHO

現役2級整備士・検査員で、現場でひたすらもがいて仕事しています。

カテゴリー

Twitter

当サイトについて

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。



sponsored link

アーカイブ