プロペラシャフトに絡みついた物

車検をしていた日産アトラスの
ある部分が目に付いた

c-log856-01
なんとプロペラシャフトに何かが絡み付いている。

c-log856-02
どうやら何かのビニールが巻きついた模様である。
それにしても危ない。プロペラシャフトは高速回転する部分なので、非常に危険である。

ビニールも回転時の熱で溶けていた。

c-log856-03
プロペラシャフトとデフのフランジに傷をつけないように慎重にはがしていく。

絡み付いているだけではなくて、溶けちゃっているのでへばりつき方が凄い。

c-log856-04
もう少し

c-log856-05
ようやく全て取り除けた。

c-log856-06
絡み付いていたビニール。損傷具合を確認して、テスト走行。

不具合は発生していないし、異音も何もない。塗装がはげてしまった部分を
綺麗に塗りなおしておいた。

プロペラシャフトに何かが絡みつくといきなり駆動がロックされる可能性がある。
スピードが出ていれば出ているほど危険である。

以上プロペラシャフトに絡みついたものでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)