雨の日ワイパーのビビりほど不快なものはないので、応急処置をしてみる

雨がザーザーと降ってます。この記事を書いている時点で、台風直撃なのでとても止みそうもありません。

雨の日は視界確保というとワイパーに頼らざるをえません。どんな高級車であっても雨の日、視界を確保するには原始的なゴム部品。

このサイトでは今更感がありますけど、未だにワイパーってゴムだけを交換できるということを知らない人が多い。

逆に、高級車になるとワイパーゴムが交換できなくてブレードASSYになるケースもあります。が、8割程度の車に関して言うとゴムだけで交換が可能です。

ワイパーのゴムって価格差がなかなか激しい部品でもあります。

安いワイパーゴムだと300円程度から購入することができます。ただ、性能差が大きいの耐久性に問題があるものもあります。

大半のワイパーゴムは、ゴムの切りかきにブレードの爪がはまる構造です。引っ張れば外れる。

もしワイパーのゴムが切れていなくて、ビビりが発生する場合、ワイパーゴムを逆さまにはめてみるのも一つの手です。

逆さまというと、ワイパーのブレードを180度回転させて取り付ける。

そうすると向きが反対になりますので、ビビりが解消されることがあります。

ワイパーのビビりの原因として、自動洗車機でフロントガラスにWAXがついてしまったとかそういうこともありえます。

手洗い洗車で自分でWAXをかけるならいいんですが、基本的にガラスにWAXをかけると油膜やらビビりの原因になります。

レインXなど雨をはじくアイテムもありますが、定期的に使わないとワイパーにはあまりいい影響がありません。

ワイパーブレードを交換するのなら高性能なエアロワイパーにするのもオススメです。

長ささえ合っていれば、フック形状が同じなら簡単に付け替えができます。ワイパーブレードが金属製だと、冬は凍りついてしまいます。

プラスチックのエアロワイパーなら、ジョイントが凍りつくこともありませんしオススメです。ただゴムを交換しようとすると、きちんとした適合品をチョイスしないとダメですけど。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)